台湾の国民的スター周杰倫(ジェイ・チョウ)が、SNSを通じて韓国ドラマを言及。これに対し、韓国のネットユーザーらは怒りと共に首を傾げる反応を見せている。周杰倫はこれ以前、韓流コンテンツに対し好意的ではない発言を多々してきた人物だ。このことで、EXOのメンバー、D.O.が主演する映画にも悪影響が出てしまいそうな気配が漂ってしまった。

中華圏の大スターであり、台湾の国民的スターである周杰倫(ジェイ・チョウ)が、SNSを通じて、Netflix(ネットフリックス)オリジナルシリーズ『ナルコの神(邦題/原題:スリナム)』を言及。これに対し、韓国では嘲弄論難が巻き起こっている。

周杰倫(ジェイ・チョウ)

周杰倫(ジェイ・チョウ)(写真提供:©TOPSTAR NEWS 出典:インスタグラム)

周杰倫が自身のインスタグラムに投稿したのは、俳優のハ・ジョンウ、ファン・ジョンミン、キム・ミンギが登場した、『ナルコの神』のあるワンシーンだ。

続きを読む

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs