韓国ドラマ、その人気は国境を越えもはや世界的コンテンツとなった。しかし本国では、描写に対して物申す、“モンスター視聴者”も少なくないようだ。特に、悪役の描写に対して敏感に反応を見せ、放送局にクレームを入れているという。これにより、制作サイドは悪役を立てることに対して、不自由さを強いられる始めているようだ。

バラエティー豊かなジャンル、先の読めないストーリー展開、リアリティー溢れる描写と、魅力的な要素がいくつも揃った韓国ドラマ。動画配信サービスの流行も手伝い、世界的コンテンツへと跳躍している。

イ・ギョンヨン

韓ドラファンの間では、悪役俳優として知られるイ・ギョンヨン。(画像出典:tvN)

しかし、本国の韓国では、一部の描写に対して敏感に反応し、手厳しい視線を向ける視聴者もいるようだ。

続きを読む

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs