【韓流20周年企画-『屋根部屋プリンス』編】2003年頃から日本で巻き起こった“韓流ブーム”だが、2012年に一時大きく衰退を見せた、“韓流暗黒期”とも言える時代がある。そんな時代に、日本人視聴者を魅了したドラマSBS『屋根裏のプリンス(2012)』を紹介する。

韓流ファンにとってはある意味、格別な年である2012年。韓国と日本の政治的問題により両国間の関係が急激に冷え込んだ年である。

当時、韓国大統領(イ・ミョンバク氏)の挑発的な言動により、日本では一部の人の”韓国離れ”が進んでいた。

しかしそんな中、“韓流暗黒期”に反し人気を博していたドラマがある。

元東方神起(TVXQ)のメンバー パク・ユチョン主演のSBSドラマ『屋根裏のプリンス(2012)』だ。

パク・ユチョンが主演を務めた『屋根裏のプリンス』の1幕

『屋根裏のプリンス』で主演を務めたパク・ユチョン(画像出典:SBS映像キャプチャー)

同作は、妻を失った朝鮮の世子であるイ・ガク(パク・ユチョン扮)が、300年の時を超えて臣下と共に、21世紀のソウルにタイムスリップし、パク・ハ(ハン・ジミン扮)と出会って愛を成就するファンタジーロマンス作品。

続きを読む

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs