2021年下半期の最高傑作との呼び声が高い、MBCドラマ『黒い太陽』。しかし女性主人公を演じていたパク・ハソンに対し、演技力不足を指摘する声が多く寄せられてしまった。その後、劇中からはパク・ハソンの演じるキャラクターが消え、代わりに準ヒロインがドラマの中心人物として浮上している。

2021年の韓国ドラマで、下半期の最高傑作との呼び声が高い、MBCの『黒い太陽』。

MBC『黒い太陽』はナムグン・ミン、パク・ハソン、キム・ジウンが出演

ナムグン・ミン、パク・ハソン、キム・ジウンが出演するMBC『黒い太陽』(画像出典:MBC)

本作は、”*信じて見られる俳優”のナムグン・ミンを主演に迎え、1年前に行方不明になった国家情報院最高の現場要員(ナムグン・ミン)が、自分を奈落の底につき落とした内部の裏切り者を捜し出すため、組織に復帰することから繰り広げられるストーリーを描く。

*信じて見られる~:その分野において申し分のない実力があり、がっかりする心配がない人物を指す。

俳優陣の迫真の演技、臨場感あふれる映像、予測不能なストーリーと、人気要素が詰め込まれた本作は、概ね好評を博している。

しかしそのような中、共演者である女優のパク・ハソンに対して、視聴者から「彼女の演技力に問題があるのでは」との指摘が寄せられてしまった。

パク・ハソンは劇中、犯罪情報統合センターのチーム長ソ・スヨン役で出演している。ナム・グンミン扮するハン・ジヒョクとは、国家情報院の同期入社でありチームメイトだったが、ある事件をきっかけにジヒョクを恨み、対立するようになる。ジヒョクにとって敵か味方か、ギクシャクした関係を見せ、ストーリーの緊張感を高める女性主人公だ。

議論に巻き込まれてしまったパク・ハソンの演技

パク・ハソンの演技が議論に巻き込まれてしまった。(画像出典:MBC)

彼女はドラマ開始当初から、短いシーンにもかかわらずぎこちない演技で、加えて真っ黒なショートボブにスモーキーメイクというビジュアルがマッチしておらず、浮いた印象を与えてしまった。

(関連記事)新韓ドラ『黒い太陽』残念な演技力で悪役になった女優 パク・ハソン

パク・ハソンはこれ以前に、tvNドラマ『産後ケアセンター』やKakaoTV『ミョヌラギ(原題)』などで、ベテランママから愛らしい新妻までを演じ、しっかりとした演技力を見せてきた。そのため、視聴者からは新ドラマに対しても、高い期待が寄せられていたのは当然の事。

だがドラマの放送終了後、オンラインコミュニティーや視聴者掲示板で「集中して観てるのに、パク・ハソンが出ると流れが止まっちゃう」「怒っている場面がシチュエーション・コメディーを見てるみたい」「ヘアスタイルのコンセプトも、やりすぎ感があって笑っちゃう」など、マイナスな反応が相次いでしまった。

そんな厳しい意見が続く中、物語の中盤の第6話にして、ソ・スヨンはまさかの”殉職”。

劇中で本当に死亡したのかは明らかになっていない状況だが、最近放送された第8話でソ・スヨンは回想シーンに登場するのみで、行方については何も明かされていない。

キム・ジウン扮するユ・ジェイがメインヒロインへと躍り出た

メインヒロインへと躍り出た、キム・ジウン扮するユ・ジェイ(画像出典:MBC)

彼女と入れ替わるように、主演レベルに台頭してきたのが、キム・ジウン扮するユ・ジェイなるキャラクターだ。

助演、準ヒロインであるユ・ジェイは、ジヒョクのパートナーとして本格的に協力し始め、優れた能力と共にミステリアスな姿を見せている。

メインヒロインが逆転したような状況は、元々のストーリーがこのような設定となっていたのか、俳優の演技問題から生じたのかは不明だったが、10月13日、MBCドラマ本部のホン・ソクウ氏は期待以上の反響に感謝しながら、パク・ハソンは「当初から、ドラマの”ゲームチェンジャー”だった」と言及。

「パク・ハソン氏が、6話で降板する役柄ながら、そのキャラクターの重要性に共感し、ソ・スヨンを引き受けてくれた」と、改めて感謝の気持ちを言葉にした。

とはいえ、このような混乱が生まれたのは、脚本家によるキャラクター設定と演出の問題もあると見られている。

過去の叙事はベールに包まれたまま、ジヒョクに”無条件の敵対心”を表すキャラクターに作り上げたものの、その理由について論理的に明かされなかったためだ。視聴者がキャラクターを理解できないとなれば、彼女の演技がぎこちなく見えるのは当然の結果だろう。

最終回まで残すところ4話、彼女亡き後にどんな結末を迎えるのか、まだまだ目が離せそうにない。



最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国女優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース