韓国を代表する”美人”と称される女優、ソ・イェジ。世の女性たちが羨む抜群のスタイルを持つ彼女の”美”の秘密は「ダイエットをしない」ということ。にわかに信じがたい言葉だが、真偽の程は?

Netflixでも配信中のtvNドラマ『サイコだけど大丈夫』。
劇中で、反社会的な人格を持つ童話作家コ・ムニョンに扮している女優のソ・イェジ。

コ・ムニョンは、ハード過ぎる言動で周りの人々を引っかき回すキャラクターだ。何てことない顔をしながら過激な振る舞いをするのだが、なぜか嫌悪感を感じさせない。むしろ、コ・ムニョンの姿をもっと見ていたいと思ってしまうほどだ。

それは、彼女の躊躇しない行動力から感じられる”爽快感”もあるよう。

加えて、ソ・イェジ以外に演じられない、彼女の”人生キャラクター”であることや、個性的で洒落たファッションを完璧なまでに着こなし、彼女のビジュアルをさらに引き立てていることも魅力として挙げられるだろう。

『サイコだけど大丈夫』でコ・ムニョン役を演じるソ・イェジ

『サイコだけど大丈夫』劇中で披露しているソ・イェジの華麗な衣装にも注目が集まっている(画像出典:tvNドラマ公式Instagram)

ドラマのストーリーももちろん気になるのだが、ソ・イェジの視線の投げ方、中低音ボイスで発するセリフ‥つまりは”演技”なのだが、ただただそれだけを見ていたいという気持ちが湧いてくる、不思議な魅力を発している女優だ。

視聴者を魅了してやまない、ソ・イェジの魅力。
彼女の美しさはどのように生まれ、どのように維持されているのか、気になる人も多いはず。

ソ・イェジの美しさはどのように生まれているのか・・

国宝級の透明感を持つソ・イェジ(画像出典:ゴールドメダリスト公式サイト)

公開されたプロフィールによると、ソ・イェジは169センチ、43キロというスリムな体型だ。

グラビア撮影などでは、持ち前の美ボディを惜しげもなく披露している。
華奢な骨格に透き通るような陶器肌、その儚げなビジュアルが、多くの男性ファンの”守ってあげたい”本能を刺激しているようだ。

幅広い演技力をもつソ・イェジ

清純派から毒々しい役まで幅広い演技力を持つソ・イェジ(画像出典:ゴールドメダリスト公式サイト)

スリムなうえに小顔という、バランスのとれたモデル体型の彼女は、韓国女性の憧れの存在でもある。
女性たちが羨むスタイルに注目が集まると同時に、過去のインタビュー内容にもスポットが集まった。

それは映画『量子物理学』(2019)の撮影当時、彼女のスリム体型が話題になった時のことだ。

様々なインタビューでソ・イェジは「ダイエットはしない」という衝撃的な発言をしている。
また、母親と姉の職業がキャビンアテンダントだったことも明かしており、「母方の家系は背が高く細身の人が多い。おそらく母系遺伝だろう」と述べ、生まれつきのスリム体型であることからダイエットをしないという理由を明らかにした。

驚くべきスタイルを持つソ・イェジ

何頭身!?驚くべきスタイルを持つソ・イェジ(画像出典:ゴールドメダリスト公式サイト)

小顔、スリム体型、美貌と、抜群のビジュアルに加え、語学堪能で心理士や児童英語をはじめとした数多くの資格所有者でもあるソ・イェジは、まさに才色兼備の女性だ。
人々を魅了してやまない”ビジュアル”は、内面から発せられる輝きも伴っているからこそ、さらに美しさを増しているのだろう。