女優イ・ダヒが自身のインスタグラムを通じて抜群のプロポーションを披露し、ファンから羨望の眼差しを集めている。眩しいほどの美ボディーを持つ彼女は、過去に俳優のペ・ヨンジュンとドラマで共演し、カリスマ性あふれるアクションを見せていた。

去る9日と10日、両日に渡り開催された音楽授賞式『第35回ゴールデンディスクアワード』。
韓国で最も愛された音源やアルバムを選ぶ音楽祭で、公平性を最優先とした審査であることから”歌手たちが最も受賞したい賞”とも呼ばれている。
BTS(防弾少年団)やIU(アイユー)をはじめとした人気アーティストが一堂に会し、オリジナリティーあふれるパフォーマンスが見られるのも魅力のひとつだ。

『第35回ゴールデンディスクアワード』でMCを務めたイ・ダヒ

女優イ・ダヒは『第35回ゴールデンディスクアワード』でMCを務めた(画像出典:イ・ダヒ公式Instagram)

由緒ある授賞式で大賞の行方とともに視聴者の視線を集めたのは、MCを務めた女優イ・ダヒの麗しき姿だ。

イ・ダヒはこの翌日、自身のインスタグラムでそのまばゆいまでの姿を公開している。
公開された画像には、片方の肩が露出したオフショルダータイプの黒いロングドレスを着用したイ・ダヒの姿が。細い腰が印象的なグラマラスなボディーラインを強調したマーメイドタイプのドレスは、9頭身をも超える2次元的なスタイルを最大限に生かしている。

インスタグラムを更新したイ・ダヒ

インスタグラムを更新したイ・ダヒ

インスタグラムを更新したイ・ダヒ

まるでCG! 2次元的なスタイルを披露したイ・ダヒ(画像出典:イ・ダヒ公式Instagram)

まるで優雅な女神のような姿を披露し、視聴者を虜にしたイ・ダヒ。
2002年のスーパーモデル選抜大会を通じて芸能界デビューした彼女は、クールで品のあるビジュアルと超人的な黄金比率スタイルで”ガールクラッシュ”の王道を歩んでいるような女優だ。
また、女優として活躍する一方でバラエティー番組にも積極的に出演し、完璧なルックスとは正反対の飾らないチャーミングな姿で視聴者を和ませている。

日本ではあまり知られていないイ・ダヒだが、実は2007年にヨン様ことペ・ヨンジュンとドラマ『太王四神記』で共演していた。ヨン様扮する広開土王(タムドク)に仕える第三近衛の女性隊長・カクタン役を引き受け、命を懸けて王宮を守っていた女性兵士役に扮している。

『太王四神記』に出演していたイ・ダヒ

イ・ダヒは日本でも人気のドラマ『太王四神記』に出演していた(画像出典:MBC)

『太王四神記』は、高句麗時代の広開土大王の一代記を背景に描いたファンタジー時代劇で、視聴率30%を記録する大ヒットとなり、2007年を代表するレジェンドドラマと呼ばれる作品だ。
出演はペ・ヨンジュンのほか、チェ・ミンス、パク・サンウォンなどの演技派俳優に加え、イ・ダヒ、イ・ジア、パク・ソンウンなどの新鋭俳優らも出演し、熱演を見せていた。

第三近衛の女性隊長カクタンを演じたイ・ダヒ

イ・ダヒはヨン様演じるタムドクを守る第三近衛の女性隊長カクタンを演じた(画像出典:オンラインコミュニティー)

なかでも新人とは思えない高い演技力を披露したイ・ダヒは、与えられた役を演じるにあたり、過酷なアクション演技を習得する努力をしてきたそうだ。男性に混じった女性兵士役であることから、周りに引けを取らないよう、全身にアザが出来るほど難易度の高いアクション練習を積んでいた。その努力は実を結び、タムドク(広開土王)のためなら躊躇せずに戦いに挑む女性兵士として、カリスマ性あふれる姿とアクション演技を披露し、視聴者に強烈な印象を残している。

現在35歳のイ・ダヒだが、この年齢でも眩しい程の黄金比率ボディーを維持し誇っているのも、デビュー時から見せている努力家という一面があるからこそだろう。