自分に合った職業を見つけるのはそう簡単なことではないが、韓国の人気女優たちの中にも元々女優志望ではなかった人や、別の道でデビューしようとしていた人がいる。

2000年代から続く韓流ブームを引っ張っている韓国の人気俳優たち。今はトップクラスの実力を持つ俳優として活躍している人たちの中には、元々俳優志望ではなかった人たちも存在する。

実は昔、アイドルや歌手デビューを目指していたが、紆余曲折を経て現在は俳優として華々しい活躍を見せている女優3人を紹介する。

ユ・インナ

11年間という長い間、歌手練習生生活を送ったユ・インナ

ユ・インナは11年間という長い間、歌手練習生生活を送った(写真提供:©スポーツ韓国、画像出典:MBC)

1982年生まれで今年38歳になったユ・インナ。大ヒットドラマtvN『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜(2016)』ではサニー役で出演し、その独特のキャラクターを上手く演じきったと高評価を得て、見事ブレイクを果たした。

女優としてはかなり遅咲きで、2009年、27歳のときにMBCのシチュエーションコメディー『明日に向かってハイキック』でデビュー。しかしそれ以前に、なんと11年間という長い間、歌手として練習生生活を送った経歴の持ち主だ。

バラエティー番組に出演した際、練習生時代のエピソードを話したユ・インナ

ユ・インナはバラエティー番組に出演した際、練習生時代のエピソードを話した(画像出典:KBS Entertain YouTube動画キャプチャー)

2013年、バラエティー番組『ハッピートゥゲザー3』に出演した際、「16歳のときにアイドルを目指して練習生になったが、所属事務所内部でもオーディションがあり、その度にたくさんの練習生たちが落ちていったが、最終的に自分だけが残った」というエピソードを語ったことがある。また、現在はYGエンターテインメントに所属しているが、それまで事務所が4回変わり、ブレイクするまでかなり苦労しながら、やっと女優として成功した。

キム・ジウォン

"ジェシカK"という芸名で練習生生活を送ったキム・ジウォン

キム・ジウォンは”ジェシカK”という芸名で練習生生活を送った(画像出典:S.A.L.Tエンターテインメント)

1992年生まれで今年28歳になったキム・ジウォン。2016年、KBS『太陽の末裔 Love Under The Sun』でユン・ミョンジュ役を熱演し、視聴者の心を掴んだ。

中学校3年のときにスカウトされ芸能界入りしたキム・ジウォンは、元々歌手志望だった。当時、同じ事務所の先輩だった歌手ユンナのバック・ボーカルやピアノ演奏などをしながら”ジェシカK”という芸名で練習生生活を送っていた経緯を持つ。

歌手ユンナのバックボーカルを務めていたキム・ジウォン

キム・ジウォンは歌手ユンナのバックボーカルを務めていた!(画像出典:YouTube映像キャプチャー)

(関連動画)女優キム・ジウォンが出演!? ユンナ ‘Gossip Boy’ 人気歌謡ステージ

2010年にBIGBANGとともに携帯CMに出演し、本格的に芸能界デビューした。その後、清涼飲料水のCMへの出演で名が知られるようになり「オランCガール」と呼ばれるように。2012年にはエイベックスエンターテインメントから日本で歌手デビューの計画もあったが、白紙となっている。

2011年、シチュエーションコメディ『ハイキック3 -短足の逆襲-』に出演し、本格的に女優の道へ足を踏み入れることに。その後は前述した『太陽の末裔』をはじめ、『相続者たち(2013)』『サム、マイウェイ〜恋の一発逆転!〜(2017)』など数々のヒットドラマに出演。整った顔立ちと高い演技力に注目が集まり、これからが期待される女優の1人だ。

パク・シネ

『天国の階段』でチェ・ジウの子役を演じたパク・シネ

パク・シネは『天国の階段』でチェ・ジウの子役を演じたことで名が知られるようになった(画像出典:S.A.L.Tエンターテインメント)

1990年生まれで今年30歳になったパク・シネ。SBS『天国の階段(2003)』でチェ・ジウが演じた主人公チョンソの子役を演じたことで名が知られるようになった。

実は幼い頃の夢は警察官だった。しかし、たまたま写真館で撮った写真を教会の先生が韓国の人気歌手イ・スンファンが運営する企画会社ドリームファクトリーに送り、2003年にイ・スンファンが歌う『花』のミュージックビデオでデビューすることに。一時は歌手を目指していたが、役者として方向転換。それが功を奏し、成功した。

イ・スンファンの楽曲『花』のMVを通じてデビューしたパク・シネ

パク・シネはイ・スンファンの楽曲『花』のMVを通じてデビューした(画像出典:YouTube映像キャプチャー)

2009年に放送されたチャン・グンソク主演のSBS『美男<イケメン>ですね』に出演し、日本でも子役のイメージから大人の女優として認識されるように。

元々歌手を目指した経緯から、自身が出演した『天国の樹(2006)』『美男<イケメン>ですね』『オレのことスキでしょ。(2011)』『相続者たち(2013)』など、数々のドラマOSTにも積極的に参加している。