• tvN『イルタ・スキャンダル 〜恋は特訓コースで〜(以下、イルタ・スキャンダル)』が最終回を迎えたものの、日本ではいまだ高い支持を得ている。
  • そんな中チョン・ドヨンがインタビューで、キスシーンに関する娘とのエピソードを公開し彼女のプライベートに関心が集まっている。
  • 女優として人気絶頂期に交際3カ月で結婚を決意した、お相手の男性とその馴れ初めをご紹介。
tvN『イルタ・スキャンダル 〜恋は特訓コースで〜』は、Netflix“今日の総合TOP10(日本)”で1位にランクイン中

Netflix“今日の総合TOP10(日本)”で1位にランクイン中のtvN『イルタ・スキャンダル 〜恋は特訓コースで〜』(3月9日現在)(画像出典:tvN)

tvN『イルタ・スキャンダル 〜恋は特訓コースで〜(以下、イルタ・スキャンダル)』が、Netflix(ネットフリックス)“今日の総合TOP10(日本)”で1位にランクインしています。

韓国では3月5日に最終回を迎えましたが、日本の韓ドラファンの間ではまだ当分の間、支持されそうな勢いです。

そんな本作といえば、主演チョン・ドヨンとチョン・ギョンホのロマンスが見所の1つで、ミドル世代の恋愛を描き好評を得た作品。

中でもロマンチックなキスシーンが大きな話題となり、最終話から数日経過した現在も韓国のネット上を騒がせています。

中学生の娘を持つチョン・ドヨン

そんな中、意外な人物も同シーンに反応したのだとか。それは、チョン・ドヨンの一人娘。

チョン・ドヨンは女優で一人娘を持つ

一人娘を持つ女優のチョン・ドヨン(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

放送終了に際して受けた韓国メディアのインタビューで、チョン・ドヨンが話題のシーンに言及。中学生の娘に、「お母さんのロマンス演技は見てられない」と言われたエピソードを明かしました。

キスシーンが話題となった『イルタ・スキャンダル〜恋は特訓コースで〜』

『イルタ・スキャンダル〜恋は特訓コースで〜』で話題となったキスシーン(画像出典:tvN)

すると世間からは、「もう中学生になったの?!」と驚きの声が。『イルタ・スキャンダル』では、芯の強い母親像を描き出したチョン・ドヨンでしたが、実際はどのような人物なのか、彼女のプライベートに熱い関心が寄せられています。

結婚と気になるお相手の男性

では気になるチョン・ドヨンの私生活ですが、彼女は1990年にデビューして今年で芸歴33年となるベテラン女優。

『シークレット・サンシャイン』が韓国の各映画祭で数々の賞を受賞、『カンヌ国際映画祭』ではなんと主演女優賞を手にし、役者として絶頂期だった2007年に結婚しました。

チョン・ドヨンは、『カンヌ国際映画際』で主演女優賞を手にした

『カンヌ国際映画際』で主演女優賞を手にしたチョン・ドヨン(画像出典:連合ニュース)

お相手は9歳年上の実業家の男性。

代々、名家と言われる家で育ちソウル大学卒業後にアメリカのジョージ・ワシントン大学でMBAを取得。高級住宅地として有名な江南(カンナム)で英語関連の教育ビジネスを展開する、家柄、学歴、経済力の3拍子全て揃った人物です。

カーレースに興味がありレーサーとしても活動、とある大会では3位に入賞して好成績を残したことも。リュ・シウォンなど芸能人で構成されたレーシングチームの理事長も引き受けています。

また、不動産界では大物投資家として有名なのだとか。

2人の馴れ初め

チョン・ドヨンが彼に出会ったのは、『シークレット・サンシャイン』の撮影期間中のこと。

知人の紹介で顔を合わせることになったものの、彼女は当初年齢差が気になっていたそうです。

しかし実際に話をしてみると意外にも会話が弾み、恋人関係に発展して3カ月後には結婚を決意。たった1カ月で準備をして挙式に至りました。

そして2009年に出産、子育てのためか2008年に放送されたSBS『オンエアー』を最後に、2016年tvN『グッドワイフ 彼女の決断』で復帰するまで一時ドラマ界を離れますが、映画界では活動を続けていきます。

『イルタ・スキャンダル』では、自分の恋愛そっちのけで、姉の子どもを必至に育て苦労の多い役を演じていましたが、実生活では非の打ち所のない夫との間に一人娘をもうけ、女優業も並行しながら、順風満帆な人生を送っているようです。

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(911件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs