2021年ブレイク必至、大注目のライジングスターであるイ・ドヒョン。韓国ドラマファンなら押さえておくべき俳優である彼の、これまでの活躍を紹介します。

デビューからわずか3年で、3つの作品で興行に成功した俳優イ・ドヒョン。彼は韓国ドラマファンから熱い注目を浴びている新進気鋭の俳優だ。

俳優のイ・ドヒョン(画像出典:イ・ドヒョン公式Instagram)

2017年、デビュー作『賢い監房生活』で俳優チョン・ギョンホの子役を演じ視聴者に印象を与えた彼は、多様な作品に顔を映しながら存在感を示してきた。
その後、2018年に『30だけど17です』『とにかくアツく掃除しろ!~恋した彼は潔癖王子!?~』などの作品で様々なキャラクターを器用に演じ切り、ライジングスターとしての地位を確立する。

ドラマ『賢い監房生活』スチールカット(画像出典:tvN)

優れた演技力で存在感を知らしめたイ・ドヒョンは、続く出演作で大きなチャンスを掴むことになる。
スター作家として有名なホン姉妹が脚本を手掛け、IUとヨ・ジング主演ドラマ『ホテルデルーナ(2019)』への出演だ。イ・ドヒョンは劇中、ドラマの主要人物であるコ・チョンミョン役に扮し、”最高のどんでん返し”キャラクターとして視聴者に大きな余韻を残した。

その活躍が評価され、2020年にJTBCドラマ『18アゲイン』の主役に抜擢される。
離婚直前に18年前の全盛期時代に戻った夫の物語を描いた作品で、イ・ドヒョンは37歳から18歳に戻ったコ・ウヨン/ホン・デヨン役に扮した。彼は30代から10代に戻った人物の混乱した感情を愉快に表現すると同時に、妻と父親、家族に感じる切ない心情を多彩に描き出し、絶頂の演技力を認められた。

ドラマ『18アゲイン』(画像出典:イ・ドヒョン公式Instagram)

『ホテルデルーナ』、『18アゲイン』と連続して成功を収め、注目を浴びる俳優となったイ・ドヒョンは、ネットフリックスオリジナルシリーズ『Sweet Home -俺と世界の絶望-』で年末まで活躍を見せることになる。

同名の人気ウェブトゥーンを原作にした『Sweet Home -俺と世界の絶望-』は、引きこもりの高校生ヒョンスが家族を亡くし、引っ越し先のアパート”グリーン・ホーム”で経験する奇怪で衝撃的な話を描いた作品。ネットフリックスが制作費30億ウォンを投入した大作で、奇怪なクリーチャーと、これに立ち向かう住民の物語が中心となっている。

『Sweet Home -俺と世界の絶望-』で緻密な演技を披露(画像出典:イ・ドヒョン公式Instagram)

イ・ドヒョンは劇中、生存者の群れを率いる医大生のウンヒョク役を演じる。時に熱く時に冷徹なウンヒョクの姿は、イ・ドヒョンの節制した演技が説得力を増し、視聴者たちの共感を引き出すのには十分だった。作品の公開以降、イ・ドヒョンに注目が集まっているのもこれが理由だろう。

監督の指示によって冷たくて冷静な姿を見せるため努力したというイ・ドヒョンの顔は、無表情に見えるものの毎回違う感情を感じることができる。デビューからわずか3年で恐ろしいほど成長したイ・ドヒョンの”発展”がひしひしと感じられる作品だ。

続けて3作品を成功に導いたイ・ドヒョンの快進撃は、来年も続く見通しだ。早くも2021年放送予定のドラマ『五月の青春』の主人公ファン・ヒテ役に抜擢され、もはや代替不可能である20代主演俳優として浮上している。本作を通じて、さらに演技変身を見せるイ・ドヒョンの姿が期待される。



最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース