tvN新ドラマ『サイコだけど大丈夫』が、明日20日よりNetflixと同時放送でスタートする。キム・スヒョンの除隊後本格復帰作ということで、大きな注目を浴びているが、キャストに見覚えのある俳優がいる。その人物とは――?

ドラマ『ストーブリーグ』『椿の花咲く頃』『未生-ミセン-』『会いたい』、映画『エクストリーム・ジョブ』『スウィング・キッズ』‥ある俳優が出演した作品の一部である。いずれも人気を博した作品だ。

おそらく韓国ドラマにハマった人なら、必ず一度は彼を観たことがあるのではないだろうか。

名バイプレーヤーとして知られるオ・ジョンセである。

名脇役のオ・ジョンセ

名バイプレーヤーのオ・ジョンセ(画像出典:KBS)

主役級俳優となると、コンスタントに作品に出演しても年間を通しての本数は限られる。対して物語の脇を固めるバイプレーヤーたちは、1年間作品に出ずっぱりということも珍しくない。時には同クールに出演している可能性もある。

オ・ジョンセもその一人であり、センターに立つことは少ないが、多くのドラマで重要な役割を果たしている。しかし悲しいかな、話題にのぼっても「〇〇のドラマで〇〇役だった人」などと説明されることが多く、俳優名が一発で出てくる確率が低い。それも名脇役ゆえのことであり、もしかすると本人にしてみれば“それだけ役に染まっている証拠”だと、名誉に感じているかもしれない(憶測の域は出ないけれど)。

そんな彼が、今月行われた『韓国のゴールデングラブ賞』と呼ばれている『百想芸術大賞 2020』で『TV部門 助演男優賞(椿の花咲く頃)』を受賞。これまでの功績が認められる形となった。

オ・ジョンセのファンカフェトップページ

オ・ジョンセのファンカフェトップページに直筆で感謝の言葉が綴られている。(画像出典:オ・ジョンセ ファンカフェ)

『椿の花咲く頃』(2019)でオ・ジョンセ扮するノ・ギュテは、ドンベク(コン・ヒョジン)の経営する“バー カメリア”の家主で、言うことだけは大きいが、実は思考の浅い人物。ヨンシク(カン・ハヌル)が町で起きた連続殺人事件を捜査すると必ずノ・ギュテにたどり着くため、彼が事件に関わっているのではと疑いをかけられてしまう。懸命に生きているだけなのだが、不器用なために損をする性格。視聴者を何度も苛立たせたが、どこか憎めない役どころを見事に演じ、今回の助演賞受賞の運びとなった。

ドンベクに好かれたくて何かとちょっかいを出すノ・ギュテ

オ・ジョンセ扮するノ・ギュテはドンベクに好かれたくて何かとちょっかいを出す。(画像出典:YouTube KBS韓国放送 動画キャプチャー)

また最近ではナムグン・ミン主演作『ストーブリーグ』にも出演。ペク・スンス(ナムグン・ミン)が新たに団長を任された、万年下位圏から抜け出せないプロ野球チーム“ドリームズ”のオーナーの甥クォン・ギョンミン役で、スンスを操り人形にしようと目論む悪党を担った。

球団オーナー代行を担い、ナムグン・ミンの前に立ちはだかるオ・ジョンセ

オ・ジョンセは球団オーナー代行を務め、ナムグン・ミンの前に立ちはだかる。(画像出典:SBS)

映画作品では、EXOのD.O.が主演の『スウィング・キッズ』(2018)に出演しており、D.O.とともに華麗なタップダンスを披露している。

EXO D.O.、パク・ヘスとPR活動中のオ・ジョンセ

EXO D.O.、パク・ヘスと『スウィング・キッズ』PR活動中のオ・ジョンセ。(画像出典:PrainTPC 公式Instagram )


映画『スウィング・キッズ』2次予告編(動画出典:MOVIE&NEW 무비앤뉴)

そしていよいよ6月20日(土)から始まるtvN新ドラマ『サイコだけど大丈夫』では、キム・スヒョン扮するムン・ガンテの兄で、高機能自閉症を持つムン・サンテを演じる。

オ・ジョンセは障がい者だが芸術の才能に長けているムン・サンテを演じる。

オ・ジョンセは障がい者だが芸術的才能に長けているムン・サンテを演じる。(画像出典:tvN)



新たな役に挑むこととなったオ・ジョンセだが、今度はどんな人物に化けるのか‥キム・スヒョンとどんなストーリーを見せてくれるのか、ドラマ全体を含めて期待したい。