• Netflix(ネットフリックス)オリジナルシリーズは世界190カ国に向け配信され、作品が成功するとキャストは知名度と人気を一気に拡大することができる。
  • 最近もソン・ヘギョやウ・ドファンなど同シリーズへの出演により、役者人生に変化が訪れた俳優&女優が。
  • 本記事では、Netflixにお中元を贈らないといけないほど、お世話になった韓国俳優を5人紹介する。

役者は、実力だけで知名度や人気を維持できるわけではない。

演技力がいくら優れていようとも、それを発揮する機会に恵まれなければ影が薄くなっていくものだ。

ましてやプライベートでイシューとなるような出来事があれば、そちらばかりが目立ってしまい演技者としての活躍があまり注目されないことも。

しかしそんな中、Netflix(ネットフリックス)オリジナルシリーズに出演し世界各国に作品が公開されたことで、これまで以上に支持を得て役者人生に変化または好転した俳優&女優がいる。

今夏Netflixに“お中元”を贈らないといけないほど、同動画配信サービスのお世話になった役者を5人紹介する。

ソン・ヘギョ

ソン・ヘギョは、昨年末から今年にかけて公開された『ザ・グローリー~輝かしき復讐~』シリーズで、再びその実力を世間に知らしめる機会を得た。

ソン・ヘギョは、『ザ・グローリー~輝かしき復讐~』シリーズで、再びその実力を世間に知らしめる機会を得た

『ザ・グローリー~輝かしき復讐~』シリーズで、再びその実力を世間に知らしめる機会を得たソン・ヘギョ(画像出典:Netflix Korea)

2016年に放送された主演作品『太陽の末裔』(KBS/2016)以降、初めてのヒット作だ。

2017年にソン・ジュンギと結婚し2019年に離婚、大物スター同士のプライベートはメディアの格好の餌食となり、女優としてよりも私生活ばかりが注目されることに。

それが影響してか、離婚後に出演したメロドラマ『今、別れの途中です』(SBS/2021)は、ソン・ヘギョにしてはそこまで良い成績を残せなかった。

そんな中、『ザ・グローリー~輝かしき復讐~』シリーズ(Netflix)に携わり、ロマンス演技を脱ぎ捨てた新たな一面を披露、華麗なる帰還を果たした。

イム・ジヨン

イム・ジヨンも『ザ・グローリー~輝かしき復讐~』シリーズをきっかけに、一躍韓国芸能界が注目する女優に。

イム・ジヨンは、『ザ・グローリー~輝かしき復讐~』シリーズをきっかけに、一躍韓国芸能界が注目する女優になった

『ザ・グローリー~輝かしき復讐~』シリーズをきっかけに、一躍韓国芸能界が注目する女優になったイム・ジヨン(画像出典:イム・ジヨン公式Instagram)

昨日最終話を迎えた『庭のある家』(genie TV)では、主演で国民的女優キム・テヒと息を合わせたが、なんと長年絶大なる支持を得てきた彼女よりも熱い視線を浴びたほど。

またイム・ジヨンといえば映画『純愛中毒』(2014)に出演し、ソン・スンホンとの濃厚なラブシーンで世間に顔を知らせたため、どちらかといえば肌を露出する役のイメージが強かった。

しかし、『ザ・グローリー~輝かしき復讐~』シリーズがそれを払拭、女優人生の転機を迎えることに。

イ・ドヒョン

『ザ・グローリー~輝かしき復讐~』シリーズは、イ・ドヒョンにとっても役者人生を大きく変える作品になった。

イ・ドヒョンは、『ザ・グローリー~輝かしき復讐~』シリーズで役者人生が大きく変わった

『ザ・グローリー~輝かしき復讐~』シリーズで役者人生が大きく変わったイ・ドヒョン(画像出典:Netflix Korea)

彼はデビュー以降、数多くのドラマに出演し作品ごとに異なる顔を見せてきた。演技力が高く役の幅が広いことで知られている。世間から抱かれているイメージも良い方だ。

しかし残念ながらイ・ドヒョンという役者を印象づける作品には恵まれず、大ヒット作といえるものがなかった。このため実力はあるのにいまいち注目されない時期を過ごすことに。

そんな中、訪れたチャンスが『ザ・グローリー~輝かしき復讐~』、強烈なインパクトを放ち一躍スター俳優の仲間入りをする機会となった。

ウ・ドファン

高い演技力をはじめ、独特なセリフまわしや切れ長の目が魅力的なウ・ドファン。自分だけのカラーを持ち、世界中から愛されてもおかしくない俳優なのだが、なぜかこれまでは一歩及ばずといったところだった。

しかし『ブラッドハウンド』(Netflix)で一躍グローバル人気を得ることに。多くの場合、除隊後の復帰作は実績を上げられない傾向にあるが見事大成功。

ウ・ドファンは、『ブラッドハウンド』で一躍グローバル人気を得た

『ブラッドハウンド』で一躍グローバル人気を得たウ・ドファン(画像出典:Netflix Korea)

劇中披露した華麗なる格闘シーンは各国で大きな話題となり、今後お茶の間はもちろんスクリーンでもアクションスターとして活躍するのではないかと期待が寄せられている。

ハ・ジョンウ

向精神薬と分類されるプロポフォールを違法投薬したとして、2020年から2021年頃にかけ、世間を騒がせたハ・ジョンウ。

特別出演を除けば、ドラマには2007年に放送された『H.I.T. -女性特別捜査官-』(MBC)以降、約15年もの間出演せずスクリーンで活動を繰り広げていた。

ところが、プライベートで注目を浴びた彼が最初に選んだのが、昨年グローバルヒットを記録したNetflixオリジナルシリーズ『ナルコの神』。

ハ・ジョンウは、『ナルコの神』で一発逆転した

『ナルコの神』で一発逆転したハ・ジョンウ(画像出典:Netflix Korea)

政府の極秘作戦に巻き込まれた民間人事業家役を熱演し、自身を取り巻いていたマイナスイメージを払拭、一発逆転を果たした。

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(942件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs