• チャン・グンソクが主演の『犯罪の年代記(Coupang Play)』が、日韓共に注目を浴びている。
  • そんな彼の約4年振りとなるドラマ復帰作には、強力な助っ人が2人登場する。
  • 本記事では、チャン・グンソクを際立たせ、ストーリーを盛り上げてくれることが期待される役者をご紹介。

チャン・グンソクが主演の『犯罪の年代記(Coupang Play)』が、撮影段階にもかかわらず韓国で既に注目を浴びています。

チャン・グンソクは、『犯罪の年代記(Coupang Play)』が注目を浴びている

『犯罪の年代記(Coupang Play)』が注目を浴びているチャン・グンソク(画像出典:チャン・グンソクInstagaram)

それは日本でも同様、彼に触れたツイッターの投稿を見ると、高い確率で「♯犯罪の年代記」というハッシュタグが添えられている状況です。

[expander_maker id=”1″]

どうやら本国だけでなく日本の韓国ドラマファンも、『犯罪の年代記』に大きな関心を寄せているようです。

それもそのはず、本作は彼にとって約4年ぶりのドラマ復帰作。久しぶりにお茶の間に登場するのを、心待ちにしている人が多いのです。

そんなファンの期待を背負った彼が演じるのは、弁護士から特別採用され捜査1科に入った、正義感に溢れる刑事ク・ドハン役。

残忍な現在の事件から、未解決事件の真実を暴く犯罪スリラーを描いた物語で、どのような姿を披露してくれるのか気になるところです。

数々のドラマを話題作へと導いてきたチャン・グンソクなら、視聴者が想像する以上の演技を見せてくれそうですね。

チャン・グンソクは、大ヒット作『美男ですね』に出演した

大ヒット作『美男ですね』に出演した際のチャン・グンソク(画像出典:SBSドラマ)

しかも本作には、彼が演じる役を際立たせ、作品の緊張感とストーリー性を高めてくれる強力な助っ人がいるのをご存じでしょうか。

それは、ユ・ソンジュとパク・ミョンフン。

ユ・ソンジュが中央地検の部長検事パク・サンド役を、パク・ミョンフンが“生まれつきの詐欺師”と呼ばれる人物と特別な縁のあるソン・ヨンジン役を演じます。

悪役ぶりに好評のある俳優が、『犯罪の年代記』でも悪辣な役柄を担当。彼らが悪いキャラクター像を描き出せば、その対にあるク・ドハンの魅力が自然と引き立つことが予想されます。

ユ・ソンジュとパク・ミョンフン

ユ・ソンジュ(左)とパク・ミョンフン(右)(画像出典:ACE FACTORY)

では気になるこの2人は、過去にどのような役を担当してきたのでしょうか。

まずユ・ソンジュは、『SKYキャッスル~上流階級の妻たち~(JTBC/2018)』で、自分の思い通りにならない息子に対し、暴力団を動員してまで言うことを聞かせようとする父親役を。

ユ・ソンジュは、『SKYキャッスル~上流階級の妻たち~(JTBC/2018)』に出演した

『SKYキャッスル~上流階級の妻たち~(JTBC/2018)』に出演した際のユ・ソンジュ(画像出典:JTBC)

また、『サーチ ~運命の分岐点~(OCN/2020)』では次期大統領選候補の政治家で、過去を隠し陰謀を図る役柄を演じました。

そして臓器売買に荷担し、見返りとして有益な情報を得ていた『イカゲーム(Netflix/2021)』の元医者役まで、様々な悪役で存在感を発揮したことがあります。

ユ・ソンジュは『イカゲーム(Netflix/2021)』で臓器売買に荷担する元医者役を演じた

『イカゲーム(Netflix/2021)』で臓器売買に荷担する元医者役を演じたユ・ソンジュ(画像出典:ACE FACTORY)

2人目のパク・ミョンフンも負けていません。

映画『パラサイト 半地下の家族(2019)』では、他人の家の地下室に勝手に住んでいる住人で、一度見たら目に焼き付いて離れないほど奇怪な演技を披露。最後には刃物を持ち出し、修羅場を繰り広げました。

パク・ミョンフンは、映画『パラサイト 半地下の家族(2019)』で奇怪な演技を披露した

映画『パラサイト 半地下の家族(2019)』で奇怪な演技を披露したパク・ミョンフン(画像出典:YouTube Netflix Japan)

加えて2021年公開の『声/姿なき犯罪者』では、ボイスフィッシング最大組織の管理者役担当。

今年話題作となった『ペーパー・ハウス・コリア: 統一通貨を奪え(Netflix)』では、他人を犠牲にしても自分だけは助かろうとする利己的なキャラクターを熱演、物語をより一層盛り上げていました。

パク・ミョンフンは、『ペーパー・ハウス・コリア: 統一通貨を奪え(Netflix)』で利己的な役を演じた

『ペーパー・ハウス・コリア: 統一通貨を奪え(Netflix)』で利己的な役を演じたパク・ミョンフン(画像出典:YouTube Netflix Japan)

2人の名前までは知らなくても、前出の活躍を覚えている人は多いのではないでしょうか。

そんな強力な助っ人が出演する『犯罪の年代記』。チャン・グンソクのフィルモグラフィーに、また1つ話題作として名を刻みそうですね。

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(487件)





[/expander_maker]

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs