国内だけでなく海外のドラマファンも魅了している、SBS(Netflix)『その年、私たちは』。ここで、ヒロインに叶わぬ想いを寄せるキャラクターを演じているのが、俳優のキム・ソンチョルだ。彼はこれ以前にも、日韓で大ヒットした人気ドラマで片思い役を演じ、その”絶品”片思い演技に称賛が届けられている。

“絶品”な片思い演技を披露すると評判の韓国俳優、キム・ソンチョル。

現在、Netflix(ネットフリックス)で配信されている韓国ドラマ、SBS『その年、私たちは』でも、キム・ダミ扮するヒロイン、クク・ヨンスに想いを寄せるキャラキターを好演している。

キム・ソンチョルはSBS『その年、私たちは』に出演中

SBS『その年、私たちは』に出演中のキム・ソンチョル(画像出典:SBS)

このドラマは、別れた恋人が、高校時代に撮影したドキュメンタリーの逆走行人気で、強制召喚されながら繰り広げられる青春成長ロマンス。

「一緒にいて最悪だったし、二度と会うのはやめよう!」と終わらせた因縁が、再び絡み合いながら経験する後遺症と、複雑で微妙な感情がまっすぐに描かれている。

キム・ソンチョルは劇中、チェ・ウシクが演じるチェ・ウンの幼馴染であり、現在はドキュメンタリー監督として活躍するキム・ジウン役に扮した。

ひょんなことから、ウンとヨンスのドキュメンタリー作品のメガホンを取ることになったジウン。しかし、彼の心の中にはヨンスへのほのかな恋心が芽生えてしまい、彼はその気持ちをじっとこらえている。

そんな中、ウンとヨンスの恋愛が再び始まってしまった。ジウンはヨンスに対する想いを抑えながら、「本当に片思いの果てがあるのなら、その終わりが今だったらいいな」と呟く‥。

視聴者に果てしない切なさを感じさせている、キム・ジウンの片思いシーン。一見、相手が引くような行動も見せるものの、それを俳優キム・ソンチョルの絶品演技で見事なまでに”切なさ”へと変えている。

視聴者に切なさを届けた、キム・ソンチョルの"ノンストップ”片思い"演技

キム・ソンチョルの”ノンストップ”片思い”演技は、視聴者に切なさを届けた(画像出典:SBS)

胸が苦しくなるような片思いを披露したキム・ソンチョルだが、これ以前、コミカルで愛らしい片思いキャラクターも演じていた。

それは、ソン・ジュンギ主演ドラマ、tvN(Netflix)『ヴィンチェンツォ』でのこと。

本作に特別出演したキム・ソンチョルは、劇中で銀行の頭取であるミンソン役に扮し、ソン・ジュンギ扮するヴィンチェンツォ・カサノとの(ブ)ロマンスを披露している。

2人の出会いの場となった乗馬クラブで、白馬にまたがり颯爽と登場したヴィンチェンツォに一目惚れしたミンソン。その後、ミンソンは芽生えた愛(?)を育むべく、ヴィンチェンツォに対し、あの手この手と愛らしいアプローチの数々を放っていた。

ソン・ジュンギと際どいブロマンスを披露した、tvN『ヴィンチェンツォ』

tvN『ヴィンチェンツォ』では、ソン・ジュンギとの際どいブロマンスを披露(画像出典:tvN)

残念ながら、この恋が実ることは無かったのだが、それでもヴィンチェンツォに想いを寄せ続けているというキャラクターを演じ、出演分量は少ないにもかかわらず、視聴者に強烈なインパクトを残している。

時にコミカルに、時に切なく、あらゆる片思いを演じられるキム・ソンチョルは、韓国ドラマ界の”片思い”俳優と言っても大げさではないだろう。




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース