韓国の人気ドラマ『SKYキャッスル~上流階級の妻たち~』の子役で、Mnetのオーディション番組『プロデュース X 101』に出演したことでも知られる俳優イ・ユジン。『SKYキャッスル』で母親役を務めたオ・ナラが彼とのツーショット写真を公開し話題になっている。

JTBC『SKYキャッスル~上流階級の妻たち~(2018)』(以下、SKYキャッスル)は、韓国上位0.1%のセレブしか住めない高級住宅街を舞台に、セレブ家族たちの受験戦争と複雑な人間関係を描いたブラック・コメディー。

韓国の学歴社会の闇をリアルに描き、目が離せないハラハラする展開で視聴者を掴み、最高視聴率23.8%を記録した大ヒットドラマだ。

本作で親子を演じた、オ・ナラとイ・ユジンのツーショットが話題になっている。

『SKYキャッスル』で親子を演じたイ・ユジンとオ・ナラ

イ・ユジンとオ・ナラは『SKYキャッスル』で親子を演じた(画像出典:jtbc drama公式Instagram)

9月26日、オ・ナラは自身のインスタグラムのアカウントに「ユジンがこんなに大きくなりました」と写真を掲載。

公開された写真でイ・ユジンは、『SKYキャッスル』序盤、オ・ナラより少し小さかった身長が、まるでモデルのように目を引くスタイルになり、また、幼さの残るぽっちゃりした顔立ちは、精悍になった。

彼は去る5月、MBCの人気バラエティー番組『ラジオスター』に出演した際、身長が2年で25cmも伸び、184cmになったことを明かしている。

『SKYキャッスル』の子役イ・ユジン

すっかり大きくなったイ・ユジン(画像出典:オ・ナラInstagram)

オ・ナラは「名節(韓国の伝統祭日)のたびに挨拶しに来てくれる可愛い子。声もものすごく素敵になった」と愛情を見せている。

オ・ナラのInstagramを見る(外部リンク)

イ・ユジンは2004年生まれの16歳(日本年齢)。『SKYキャッスル』でデビューした俳優で、過去にはK-POPアイドルを目指し、Mnetのサバイバル・オーディション番組『PRODUCE X 101』に参加したことがある。

番組で「俳優として活動しているのになぜ出演したのか」と聞かれた際には、「映画『スウィング・キッズ』を見て、EXO(エクソ)のド・ギョンス(D.O./ディオ)先輩がカッコよく見えた。演技も歌もダンスも全て上手くなりたくて参加することにした」と答えている。

また、出演中に『SKYキャッスル』が放送されていたこともあって、1分PR映像にドラマの母親役だったオ・ナラが登場。

オ・ナラは「うちのスハン(イ・ユジンの役名)、ユジンがソウル医大に行かずに『PRODUCE X 101』にチャレンジしました。ドラマではピラミッドは中間が最も重要だと言ったけど、どうかピラミッドのてっぺん目指して頑張って! 応援してます」とドラマの内容にかけた応援をして注目を浴びた。




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース