SBS『ペントハウス』シリーズで活躍した、俳優のユン・ジョンフンが何かと話題だ。待望の次回作が決定したのと同時に、そのビジュアルにも視線が集まっている。彼の優し気なルックスが、韓国アイドル第1世代のある人にそっくりだという。

SBS『ペントハウス』シリーズで一躍スター俳優となった俳優のユン・ジョンフンに、待望の次回作が決定した。

ユン・ジョンフンは韓国でホットな俳優に浮上

韓国でホットな俳優に浮上したユン・ジョンフン(画像出典:SBS『ペントハウス』)

ユン・ジョンフンの出演が決定したのは、tvN新ドラマ『流れ星(原題)』。

このドラマは、”星(STAR)の糞を片付けるいろんな人々”という意味で、スターケアの最前線にいるマネージメント広報チーム長オ・ハンビョル(イ・ソンギョン)と、彼女の天敵であり完璧なトップスター、コン・テソン(キム・ヨンデ)の愛憎に満ちたロマンチックコメディーを描いている。

『ペントハウス』でチュ・ダンテ(オム・ギジュン)の息子、チュ・ソクフン役を担当したキム・ヨンデとは、”トップスター”と”マネージャー”として再会する予定でもあることから、期待が高まっている。

ユン・ジョンフンはこれまで数多くの映画やドラマ作品に出演し、多くの人気を得てきたが、『ペントハウス』シリーズの出演でさらなる存在感を示した。
彼が演じたハ・ユンチョル役は、殺人事件を隠すために悪事を犯しながらも、憐れみを感じさせるほど柔弱な姿を見せたりもする人物。難しいキャラクターを繊細な演技で披露し、印象深い人物に仕上げている。

真の演技を披露した『ペントハウス』

『ペントハウス』では迫真の演技を披露(画像出典:ユン・ジョンフン公式Instagram)

彼を印象付けたのは優れた演技力はもちろん、そのビジュアルも理由であるようだ。

ユン・ジョンフンの優し気なルックスは、俳優のイ・ジョンジェやEXO(エクソ)のセフンなどを思い出させるといい、似ている芸能人が多い。

その中でも特に、韓国アイドル第1世代であり、韓国の最長寿アイドルと呼ばれる神話(SHINHWA)のメンバー、シン・ヘソンに似ているという声が多いという。

ユン・ジョンフンはこれを「最初に、ユジンさんがシン・ヘソンさんに似ていると言っていました」と説明。

『ペントハウス』で共演した女優のユジンは、1997年に3人組ガールズグループS.E.S.(エスイーエス)で芸能界にデビューした、元アイドル。S.E.SはSMエンターテインメントの第1号ガールズグループであり、神話と同じく韓国アイドル第1世代だ。

同じ事務所に所属し、同じ時代に芸能界で活躍したユジンから見ても、ユン・ジョンフンはシン・ヘソンに似ているそうだ。

シン・ヘソンは神話(SHINHWA)のメンバー

韓国アイドル第1世代、神話(SHINHWA)のメンバー シン・ヘソン(画像出典:シン・ヘソン公式Instagram)

この噂を聞いたドラマファンの間でも、ユン・ジョンフンとシン・ヘソンのビジュアルが似ているという声が寄せられている。

しかし、ユン・ジョンフン自身は「似ていると言われる芸能人の方々とファンの方々に失礼になるかもしれない」と謙虚な姿勢を見せており、その発言は彼のビジュアルと同じく、優しい人柄を感じさせている。



最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース