今年2月から日本のNHKで放送スタートし、韓ドラファンの注目を集めているSBS『ヘチ 王座への道』。このドラマに主演した俳優チョン・イルが、ある番組で自身の持病について語り、話題を呼んでいる。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

MBC『イ・サン(2007)』やMBC『トンイ(2010)』の脚本を書いたことで知られているキム・イヨン作家が、脚本を担当したことで話題を呼んだSBSドラマ『ヘチ 王座への道(2019)』。

このドラマは、王になるはずではなかった問題児の王子が繰り広げる愛と友情のストーリーを描いている。チョン・イルは、下女から生まれた王子、後の朝鮮第21代王・英祖(ヨンジョ)の青年期を演じた。

現在、このドラマが日本のNHKで放送され、注目が集まる中、俳優チョン・イルにも関心が高まっている。

SBSドラマ『ヘチ 王座への道』で主役イ・グム役を演じているチョン・イル

チョン・イルは現在日本で放送中のSBSドラマ『ヘチ 王座への道』で主役イ・グム役を演じている(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

ドラマデビュー作はMBCの人気シチュエーションコメディー『思いっきりハイキック!』。本作に高校生役で出演すると人気沸騰、一躍トップスターの仲間入りを果たした。

その後も、MBC『美賊イルジメ伝(2009)』、tvN『美男<イケメン>ラーメン店(2011)』、MBC『太陽を抱く月(2012)』、MBC『夜警日誌(2014)』など、さまざまなドラマに主演を務めながら、俳優としてのキャリアを積んでいった。

そして、SBS『ヘチ 王座への道(2019)』は、除隊後2年ぶりの復帰作として選んだ作品でもあった。

また昨年は、JTBC『夜食男女』にシェフ役で出演。元々料理好きな彼が、劇中の調理シーンを100%自身でこなしたことでも話題を呼んだ。

そんな俳優チョン・イルが、今年2月9日にゲスト出演したMBCのトークバラエティー番組『フォンクレンジング』。

捨てることも、整理することもできず、溜まってしまったスマートフォン内の写真を、依頼人の好みに合わせて代わりにまとめてくれるという、一風変わったコンセプトを持つバラエティー番組だ。

この番組でチョン・イルは、部分的に記憶を失くす記憶障害と、脳動脈瘤の持病があることを告白し、話題を呼んだ。

記憶障害と、脳動脈瘤の持病があるというチョン・イル

チョン・イルは記憶障害と、脳動脈瘤の持病があるという(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

現在彼のスマホには、10年間分の写真、約7万枚が保存してあるという。

この理由を「30年後、子どもに『父さんの30年前はこうだった』と見せてあげたくて大切にしている」と語った。

そして、多くの写真を残しているもう1つの理由が、持病だった。

チョン・イルは、「昔の交通事故の影響で、部分的な記憶喪失を患っている。写真で記録しておけば、その時のことを思い出せるので、普段からたくさん撮っている」「たとえば、知り合いの顔はわかるが、どこで会ったかは覚えていない。そういった部分的な記憶喪失だ」と明らかにした。

さらに、過去の写真を見ながら「MBC『黄金の虹(2013)』の撮影中、激しい頭痛があったので精密検査を受けたら、脳動脈瘤と言われた。これは時限爆弾のような病気なので、血管が膨らんで爆発すると脳出血で死んでしまう。いつ爆発するかわからない」「この病気を患ってから深刻なうつ病になり、人にも会わずに1カ月間家に閉じこもり、子どもの頃から行きたかったサンティアゴ巡礼路に行った」と語った。

続けて「(俳優は)誰かに呼ばれないとできない仕事なので、不安が大きかったが、サンティアゴ(スペイン)から帰ってきてからは、いまを楽しみながら生きていかなければと思った。歩いて健康になった気がする」と打ち明けた。

いつ、何が起きても不思議ではない体となってしまった俳優チョン・イル。だからこそ、「いまを楽しみながら生きる」という明確な意志が芽生えたのだろう。

この話を知ったチョン・イルのファンたちは、心配も大きいが、爆弾を抱えながらも俳優として演技を続けている彼を、これからも支え続けていく気持ちがますます大きくなったようだ。




人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース