韓国の実力派俳優たちが国防の義務を終えて、ドラマ界に戻ってくる。2019年の下半期に韓国ドラマを熱くさせる旬のスターをピックアップ!

2年前に入隊した男性スターたちが次から次へと次期作を確定したり、今後の活動を予告してファンたちに胸のトキメキを与えている。

特に彼らは演技力とグローバルな人気を全て兼ね備えた俳優であるだけに、より一層今後の活動に期待感が高まっている。

今年下半期から活躍する男性スターは誰なのだろうか!

イム・シワン

イムシワン ゼア ZE:A

新ドラマ「他人は地獄だ」に出演するイム・シワン(写真提供:©スポーツ韓国)

一番最初に復帰を知らせたスター イム・シワンは、8月31日に初回放送されるOCNドラマ「他人は地獄だ(타인은 지옥이다)」の主人公ユン・ジョンウ役を演じる。

この作品は、累積照会数8億ビューを記録した同名のウェブ漫画を原作としており、上京した青年がソウルの慣れない考試院(= コシウォン / 受験生が集中して勉強するために作られた宿泊施設)生活の中で、他人が作り出す地獄を経験するミステリーを扱ったドラマだ。

イム・シワンは、除隊後初めての復帰作となり、初めて挑戦するジャンルでドラマ界に戻ることになった。

作品の中の人物との高いシンクロ率も話題になった彼は、撮影前は除隊後初めての作品に対するプレッシャーも少なくなかったと率直に語った。

最近行われた「他人は地獄だ」の製作発表会で彼は「久しぶりの演技に緊張しましたが、監督が雰囲気を作ってくださり思いのままに大手を振って楽しく演技することが出来ました」と心境を伝えた。

これに先立ち「ミセン~未生~(미생)」で一躍スターダムにのし上がり、国民的な人気を得たイム・シワンは、今回の作品でもセンセーションを巻き起こせるか注目される。

カン・ハヌル

カンハヌル 新ドラマ

「椿咲く頃」に出演するカン・ハヌル(写真提供:©スポーツ韓国)

カン・ハヌルは、自身の純粋な青年のイメージとよくマッチした巡査役で、彼の復帰を指折り数えて待っていた視聴者の期待に応える。

9月18日に初回放送するKBS 2TV水木ドラマ「椿咲く頃(동백꽃 필 무렵)」の主人公で、田舎の村の巡査ファン・ヨンシク役を演じる彼は、自身だけの方法で世の中を美しく生きていく人物を描く。

ヨンシクは「愛すればすべてできる!」という自身の信念で、偏見に閉じ込められた猛獣のトンベク(コン・ヒョジン)を応援していくラブコメディーだ。

カン・ハヌルは「台本を初めて読んだ時とても暖かくて、作家さんに対する感謝の気持ちが芽生えました」と、作品を選択した理由を伝えた。

また「劇中、田舎臭くてやぼったい役柄を演じますが、素直な感情の中でフッと飛び出す現実味あふれる状況が、作品に面白みを増すことでしょう」と予告した。

これまで映画「ドンジュ(동주)」「ミッドナイト・ランナー(청년경찰)」などを通じて、時には真剣に、時にはコミカルに純粋な青年の姿を見せてきた彼が、今回の作品では本格的なロマンスを披露するという点で多くの関心が寄せられている。

イ・ミンホ

イミンホ イミノ ドラマ

「ザ・キング」にキャスティングされたイ・ミンホ(写真提供:©スポーツ韓国)

イ・ミンホは、来年3月に放送予定であるキム・ウンスク作家の新作「ザ・キング:永遠の君主(더 킹:영원의 군주)」にキャスティングされ、早ければ今月から撮影に突入する。

この作品は、平行世界(パラレルワールド)を背景に悪魔のささやきに立ち向かって次元の扉を閉めようとする理系の大韓帝国の皇帝イ・ゴン(イ・ミンホ)と、他人の人生、人、愛を守ろうとする文系の刑事チョン・テウル(キム・ゴウン)が二つの世界を行き来しながら手を取り合っていくファンタジーロマンスドラマだ。

イ・ミンホは最近、自身のライブ放送で「“ロマンチックそのもの”また“ロマンチックの巨匠”として期待してくださったら幸いです」と、直接ドラマ撮影の便りを知らせた。

これに先立ち、キム・ウンスク作家のSBS「相続者たち(상속자들)」で韓国だけでなく日本、中国、東南アジアでも次世代韓流スターとして名を広めた彼は、キム作家との再会で今一度栄光を掴むことが出来るのか期待が高まっている。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。