韓国メディアが、今年秋にドラマ「アスダル年代記」のシーズン2がクランクインすることを報じた。当知らせに喜びの声が上がる一方、韓国ネット上には現在ドラマに出演していたチャン・ドンゴンと唐田エリカを批判するようなコメントが上がっている。

tvN人気時代劇ドラマ’アスダル年代記(原題 아스달 연대기)’のシーズン2が、今秋クランクインに突入する。

tvN人気時代劇ドラマ'アスダル年代記

tvN人気時代劇ドラマ’アスダル年代記(画像出典:tvN)

韓国マスコミ’日刊スポーツ’は13日、今年秋にtvN人気時代劇ドラマ’アスダル年代記(아스달 연대기)’の新しいシーズンがクランクインすると単独報道した。

日刊スポーツは「ドラマ企画段階から3つのシーズンを予告したものの、初回放送以来可能性が薄いのではないかという反応が多かったtvN’アスダル年代記’が早ければ9月、遅くとも10月にシーズン2の制作を開始する」と、悲観的だった新しいシーズン制作がようやく動き始めたと伝えた。

同誌によると、シーズン1で役が死んだり降板した人を除いては、全員そのまま行く方針で、チャン·ドンゴン、ソン·ジュンギ、キム·ジウォン、キム·オクビンら主演陣のスケジュールを調整している。

アスダル年代記の新しいシーズンを待ち望んでいたファンからは、喜びの声が上がっている一方、シーズン1に出演した一部の俳優らに制作遅延の責任を押し付けるような声も聞こえる。

同記事が紹介された韓国ポータルサイト’NATE’には、’アスダル年代記’でタゴン役に扮し好演したチャン・ドンゴンと、シーズン1のパート3に登場し強烈な印象を残した唐田エリカを批判するかのようなコメントが多数上がっている。

「アスダル年代記」に出演した唐田エリカ

「アスダル年代記」に出演した唐田エリカ(右)(画像出典:tvN「アスダル年代記」Instagram)

ネットユーザーの反応を見てみると「待ってたのに.. チャン・ドンゴンと不倫女のせいで..(ID choc****)」「まず、2人は出られないよな..ゴニと日本の子(leed****)」「面が厚かましい..(sdw8****)」「ソン・ジュンギが可哀想(earl****)」「チャン・ドンゴンが出るとはㄷㄷㄷ(ju-k****)」など批判的なコメントばかりだ。

周知のとおりチャン・ドンゴンは、スマートフォンハッキングにより、個人メッセンジャーが公開されたチュ・ジンモの親友である。
公開された個人メッセンジャー(カカオトーク)の内容によると、2人は女性と派手な遊びを楽しんでいたようだ。(もちろん、チュ・ジンモは該当事実が何者かにより操作されたと主張しており、チャン・ドンゴンも本件についてノーコメントを貫いている)

また唐田エリカは、妻子持ちの俳優 東出昌大との不倫が発覚し日本だけでなく韓国でも話題となっている’渦中の人物’である。

特に唐田は同ドラマのシーズン1の末尾に登場し、韓国の視聴者から高い関心と人気を獲得した。
そんな彼女を制作陣がシーズン2にも続投させようとしたが、日本での不倫事件によりプロットの変更を余儀なくされたとの意見は説得力を持つ。

このような背景があり、’アスダル年代記’の新シーズンの制作に何らかの支障が生じたのではと2人に疑心や批難の目が向けられていると推測される。

一方アスダル年代記は、チャン・ドンゴン、ソン・ジュンギ、キム・ジウォン、キム・オクピンなど、豪華キャストと500億ウォン台の制作費が話題となり期待を集めたが、米ドラマ’ゲーム・オブ・スローンズ’のセットやストーリーの構造などを真似たという疑惑に包まれた。

視聴率は平均6~7%台と、監督・作家・俳優の面々を考慮すると低迷したという評価が多かった。