性的暴行の疑いで警察に身柄を拘束されている俳優 カン・ジファンの所属事務所が、被害者の女性に示談を要求したと伝えられた。

俳優 カン·ジファンから性的暴行の被害を受けた女性側が「カン・ジファンの所属事務所から合意(示談)を要求されている」という内容の意見書を警察に提出した。

カン・ジファン カンジファン 性的暴行 セクハラ 逮捕

性的暴行及びセクハラの疑いで緊急逮捕された俳優カン・ジファン(写真提供:©スポーツ韓国)

15日、京畿道広州警察署によると、被害女性側の弁護人は「所属事務所が、被害者側に示談を要求する連絡を取っている。今後このような行為がないことを望む」という趣旨の意見書を提出した。

ただ、被害者側にこのような連絡を取った人が誰なのか明らかになってない状況であり、警察は当行為(示談を要求)が法的に問題があるかどうかなどを検討する予定だ。

一方、カン・ジファンは去る9日午後9時40分頃、京畿道広州市にある同氏の自宅で外注先の会社スタッフA、B氏などとともに酒を飲んだ後、彼女らが寝ていた部屋に入ってA氏に対しては性的暴行を、B氏に対してはセクハラした疑いで12日拘束された。

警察はこれまで確保した証拠などをもとに、カン·ジファンに対する追加捜査を続ける方針だ。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。