韓国で放送中のドラマ’半分の半分’。チョン・ヘインが主演を務めるため放送前から話題となっていたが、過去最低に近い視聴率を記録してしまい、あえなく話数短縮が決定してしまった。

ドラマ’半分の半分(반의반)’が、当初発表されていた16話ではなく12話で終わりを迎える。

'半分の半分'イメージポスター

話題先行となってしまった’半分の半分'(画像出典:tvN)

3月23日から放送が開始された’半分の半分'(脚本 イ・スギョン、演出 イ・サンヨプ)。制作スタッフは今月8日に「作品のスピード感を高めるため、話数を16話から12話に短縮することが決定した」と明かし、加えて「’半分の半分’を愛して下さる視聴者の皆様に、もう一度感謝を申し上げます。最後まで期待に応えられるよう、良い作品を作るために尽力します」と伝えた。

本作は、人工知能プログラマーのハウォン(チョン・ヘイン / ハングル 정해인)と、クラシック録音エンジニアのソウ(チェ・スビン / ハングル 채수빈)が出会い、始まりも成長も終わりも自由な片思いの物語が描かれている。ドラマ’知ってるワイフ”ショッピング王ルイ’などを演出したイ・サンヨプが監督を務め、映画’ユ・ヨルの音楽アルバム’やドラマ’空港に行く道’などを執筆した作家、イ・スギョンが脚本を手がけて、春にぴったりな恋愛物語としての呼び声が高かった。

しかしフタを開けてみると、初回から視聴率は振るわず、全国有料放送世帯基準2.4%(ニールセンコリア提供)という低空飛行スタートだった。その後も上昇を見せることなく数字が下落し、7日に放送された第6話では、とうとう最低記録である1.2%という数字まで落ちてしまう。

このニュースを見たネットユーザーは、
「チョン・ヘインバブルは終了したみたいね」
「相手役が有名じゃないとダメみたい」
「物語の内容が悪い、何が言いたいか分からない」
「相手役にインパクトがない」
など、賛否両論だ。

チョン・ヘインは、2014年放送の’百年の花嫁’でドラマデビュー。その後、いくつかの作品に出演したが、彼の名が知られるようになったのは、2016年に放送されたドラマ’トッケビ(도깨비)’に出演したことがきっかけで、実はつい最近のことである。主役のチ・ウンタク(キム・ゴウン / ハングル 김고은)の初恋相手、テヒオッパ(お兄さん)として登場し、「あの俳優は誰?」と話題になった。

テヒオッパ

憧れのテヒオッパ‥。(画像出典:tvN D ENT画像キャプチャー)

当時すでに26歳だったチョン・ヘインだったが、大学生という設定に違和感がなく、しばらく彼の代名詞として’テヒオッパ’が浸透する。そしてすでに兵役を済ませている(芸能活動を停止することがないので、ずっと応援できる)遅咲きの俳優として、日本でもファンが急増。

その後、’あなたが眠っている間に(당신이 잠든 사이에)’でペ・スジ(ハングル 배수지)と共演して認知度をさらに上げ、’よくおごってくれる綺麗なお姉さん(밥 잘 사주는 예쁜 누나)’ではソン・イェジン(ハングル 손예진)と’年の差胸キュンラブストーリー’を展開、映画’ユ・ヨルの音楽アルバム(유열의 음악앨범)’ではキム・ゴウンと再び共演し、’恋愛ドラマ王’として人気を不動のものにした。

警察官コスプレで世の女性を虜に

警察官コスプレで世の女性のハートをがっちりキャッチ。(画像出典:SBS 動画キャプチャー)

'国民の年下彼氏'の名をほしいままにした

‘よくおごってくれる~’で’国民の年下男子’と呼ばれるように。(画像出典:JTBC 動画キャプチャー)

昨年は日本でファンミーティングが開催されるほど、彼へのドラマ需要は高まっていた。

絵になる2人

‘トッケビ’で憧れの先輩から、本作では恋人へ。(画像出典:CGVアートハウス)

しかし、いずれの作品も共演した俳優が知名度と人気を持っており、言うなればチョン・ヘインが単独主演を務めるのは今回が初めてのこと。’半分の半分’は、彼の勝負どころとも言えるべき作品だったわけだ。

ドラマは主演だけが責任を背負うものではないし、脚本や演出、その他さまざまなものを積み重ねてチームで作り上げられるものだということは、視聴者も理解している。しかし、やはり1番の前線に立って、ドラマの名前も、演技力も主演が引っ張って盛り上げていくものと思われるのも事実で‥。

ネットユーザーが言うように、彼のバブルが弾けてしまったのか、限界だったのか、それとも’トッケビ’でかかった魔法が溶けてしまったのか‥。次なる作品で、名誉を挽回してほしい。