5月5日に開幕した韓国のプロ野球。試合はまだまだ序盤だが、今シーズンは新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れ、スタートダッシュがカギとなる。なぜ突然野球の話題に? と思われるのも無理はない、しかし野球の試合が始まったことで意外な人物の近況が明らかとなったのだ。その人物とは?

日本のプロ野球は、今月19日にようやく開幕の時を迎える。待ちに待った野球ファンは、指折り数えて当日を待ち望んでいる。そんな中、韓国では一足先に5月5日に開幕。

世界的にもようやくスポーツシーズンがやってきた

世界的にもようやくスポーツシーズンがやってきた!(写真提供:pixabay)

新型コロナウイルス感染対策も万全を期して、無観客での実施、審判はマスクと手袋を着用。ボールボーイもマスク姿。選手はホームランを打っても、喜びを分かち合う出迎え、ハイタッチは禁止だ。

韓国プロ野球が開幕しておよそ1ヶ月半、意外な人物の近況が伝えられた。それは、俳優のチョ・インソンだ。

チョ・インソンと親しい俳優のキム・ギバンは今月13日の夜、自身のインスタグラムを更新。チョ・インソンの代わりにハンファ・イーグルスを応援する書き込みを掲載した。

チョ・インソンの名が刻まれたユニフォームと共にコメントを掲載

チョ・インソンの名が刻まれたハンファ・イーグルスのユニフォームと共にコメントを掲載したキム・ギバン。(画像出典:キム・ギバン 公式Instagram)

「友人で俳優のチョ・インソンさんに頼まれて彼の応援文を載せることになりました。現在、韓国プロ野球チームの一つ、ハンファ・イーグルスが連敗を記録中です。チョ・インソンさんもハンファ・イーグルスのファンの一人です。私のアカウントを借りて心を込めて応援メッセージを送ります。勝ち抜けると信じています」とコメントしている。

ソーシャルメディアアカウントのないチョ・インソンが、友人のSNSアカウントを借りてまで、ハンファ愛を伝えたかったようだ。

その祈りが通じたのか、ハンファは連敗を18でストップ。見事勝利を収め、翌日も白星を並べた。しかし、チョ・インソンの神通力はわずか2日で効力を失ってしまい、2連勝の翌日には再び黒星をつけることとなった。

そんなハンファ・イーグルスの熱血ファンとして知られるチョ・インソンは、2014年9月に始球式も経験。

始球式に登場したチョインソン

2014年に始球式を務めたことのある俳優チョ・インソン(画像出典:ハンファ・イーグルス)

かつて”アイスバケツチャレンジ”で、チョ・インソンが同姓同名のハンファでキャッチャーだったチョ・インソン選手を指名し、その縁で捕手である彼が、始球式を頼んで実現した。このニュースが報じられると、インターネットの前売りだけでチケットが完売してしまい、当日券の販売分がなくなるという伝説(?)を残している。

チョ・インソンはコロナ19による「おかげさまでチャレンジ」もキム・ギバンのSNSで実施

コロナ19による「おかげさまでチャレンジ」もキム・ギバンのSNSで実施したチョ・インソン。(画像出典:キム・ギバン 公式Instagram)

チョ・インソンにSNSを貸してあげている俳優のキム・ギバン。

チョ・インソンにSNSを貸してあげている心優しい俳優のキム・ギバン。(画像出典:キム・ギバン 公式Instagram)

チョ・インソンは2018年公開の映画『安市城』に出演後、映画『脱出』の撮影に突入。最近では今年4月に所属事務所から膝の手術を受けたというニュースが明かされ、ファンを心配させた。そんな彼の近況を意外なところから知ることとなり、元気に過ごしているという安堵と共に、再び元気な姿で俳優業に復帰してほしいとファンは願っている。



野球シーズンは始まったばかり。とは言え今シーズンの試合数は例年より少ないため、早めの立て直しが必要となるハンファ・イーグルス。チョ・インソンのハンファ愛に応えるためにも、ぜひとも優勝争いに食い込む強さを見せてほしい。

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース