人気俳優2人の強力タッグが実現!ドラマ’雲が描いた月明かり’で子役から大人の女性へと成長を遂げたキム・ユジョンと、日本でも大人気のチ・チャンウクがコミックロマンスで予測不能なドラマの世界へ視聴者を誘う。

ドラマ’コンビニのセッピョル(原題 편의점 샛별이)’が今年の6月に編成されることが確定した。

コミックロマンスを演じる2人

コミックロマンスを描くキム・ユジョン&チ・チャンウク(写真提供:©スポーツ韓国)

‘コンビニのセッピョル'(脚本 ソン・グンジュ、演出 イ・ミョンウ)は、4次元(理解不能な人のこと)アルバイトと、少し抜けているイケメン店長が、コンビニを舞台に繰り広げる24時間、予測不可能なコミックロマンスだ。

人情あふれるコンビニを舞台に個性あふれるキャラクター、生活密着型エピソード、若者たちの夢と愛を盛り込みながら、ホームドラマとあたたかみのある愉快な物語を展開する。

(PR)衛生フェイスマスク50枚-980円(税別)/アルコールハンドジェル500ml-980円(6月3日までDanmee読者様キャンペーン)

キム・ユジョンがコンビニの深夜バイトをしているチョン・セッピョルを演じる。チョン・セッピョルは、爽やかな美貌とは違い突拍子のない性格の持ち主だ。対するチ・チャンウクはコンビニを経営する独身店長チェ・テヒョンに扮し、気難しいフリをしているが内心は少し抜けているという役柄を演じる。

制作陣は「演技力と知名度を持った2人の俳優と監督が出会い、非の打ち所がない組み合わせが完成した。日常のすぐ近くにあるコンビニを舞台にポカポカな若者たちの愛と人情あふれる物語を展開させる」と明かした。

‘コンビニのセッピョル’は映画’仁川(インチョン)上陸作戦’、’忘れられた英雄たち’、ドラマ’アイリス’シリーズ、’クリミナルマインド’の韓国版などを製作したテウォンエンターテインメントが製作する。

今年の6月、金土ドラマで放送される予定だ。