俳優チ・チャンウクとキム・ユジョンが主演を務めるドラマ『コンビニのセッピョル』が初放送を迎えた。多くの期待が寄せられていたものの、放送後には視聴者掲示板が閉鎖されるという事態にまでなってしまい‥。果たしてその理由とは。

女性たちのハートを鷲掴みにする”ロコ(ロマンチック・コメディ)職人”こと、俳優チ・チャンウク。彼の待望の次期作とあって多くの関心が寄せられていたSBS新ドラマ『コンビニのセッピョル』だが、初放送を終えた現在、雲行きが怪しくなっているようだ。

思わぬ出だしとなってしまったSBS新金土ドラマ『コンビニのセッピョル』(画像出典:SBS)

去る19日、多くの期待に包まれながら初放送を迎えたのだが‥。
視聴者の期待とは裏腹に、お茶の間で楽しむには少々度が過ぎているシーンが多く盛り込まれていた。

特に視聴者の眉をひそめさせたのは、未成年者である制服姿のチョン・セッピョル(キム・ユジョン)とコンビニ店長チェ・デヒョン(チ・チャンウク)のキスシーンを筆頭に、オフィステル(オフィスとホテル機能を備えた建物)での不法売春シーン、ウェブトゥーン作家が呻き声をあげながら作業するシーンなど、扇情性問題に包まれた多くのシーンだった。

家族で楽しむには刺激的な描写が多すぎるとし、”視聴者掲示板”には「ドラマ廃止」を要求するコメントが多く書き込まれてしまうことに‥。さらに、このようなコメントが殺到してしまい、ドラマ公式サイト側は一時的に”視聴者掲示板”を閉鎖する騒動にまで発展してしまった。

21日に再び”視聴者掲示板”を公開したものの、依然としてネットユーザーらは「ドラマ廃止」を要求する書き込みを続けている状況だ。

チ・チャンウク×キム・ユジョンのコミカルな掛け合いに期待したい!(画像出典:SBS『コンビニのセッピョル』)

チ・チャンウクとともに子役から演技派女優へと変身したキム・ユジョンの芝居への期待や、コミカルな演技に定評のあるイ・ミョンウ監督の前評判が高かっただけに、寄せられていた多くの”期待”が”批判”へと変化し、結果、掲示板を閉鎖するほどの非難を浴びてしまったようだ。

果たして、今後の放送で視聴者を呼び戻せるのか。
チ・チャンウクとキム・ユジョンのコミカルでラブリーな掛け合いが披露されることを期待したい。



一方、SBSドラマ『コンビニのセッピョル』は、4次元的な高校生チョン・セッピョルと少々抜け気味のイケメン店長チェ・デヒョンが、コンビニを舞台に繰り広げる”24時間予測不可能”なロマンチック・コメディだ。
毎週金・土曜、午後10時より韓国にて放送中。