Danmee(ダンミ)では、『“アジアのプリンス”チャン・グンソク! 日本ファンが選ぶNo.1作品』をアンケート調査。数ある作品から、どの出演作が1位を手にしたのでしょうか?

チャン・グンソクが、約5年ぶりにドラマ『ミッキ(原題/coupang play)』で主演を務め、好評のまま幕を閉じました。

チャン・グンソク

チャン・グンソク主演の新作ドラマ『ミッキ(原題/coupang play)』(画像出典:coupang play)

“アジアのプリンス”と呼ばれる姿を完全に消し去り、笑顔を封印。無精ひげで、いつも眉間にしわを寄せた表情で演じ切った同作は、役者としての彼の新たな一面を見せつける事となりました。

30代も折り返しに差し掛かり、渋みを増したチャン・グンソクの今後の活躍が楽しみですね!

今回は、そんな彼の魅力を改めて確認すべく、日本の韓ドラファンが選ぶ『チャン・グンソクのNO.1作品』と題して、調査を行いました。

どの作品が、頂点に立ったのでしょうか。

日本ファンが選ぶ韓ドラ 候補作品

  • 黄真伊(ファン・ジニ)
  • ベートーベンウィルス
  • 美男(イケメン)ですね
  • メリは外泊中
  • ラブレイン
  • キレイな男
  • テバク〜運命の瞬間〜
  • スイッチ~君と世界を変える~

●調査期間:2023年2月16日~2月23日
●有効回答者数/投票数:417名/638件 (1人につき2作品まで選択可)
●調査ページ:調査ページ:チャン・グンソクの魅力が詰まった8本の作品候補はこちら

1位 美男(イケメン)ですね

『美男ですね』

日本では2010年にフジテレビで放送された『美男ですね』。(画像出典:SBS)

1位となったのは、2009年に韓国で放送された『美男ですね』でした!

投票では、全体の44.83%、286票を獲得しています。

本作が、初めて観た韓国ドラマだったという方も多いのではないでしょうか。

ドラマに登場したバンド、A.N.JELLも人気を呼び、ファンの前で実際にステージを披露したことも。

日本では2010年に放送され、13年経った今も愛され根強い人気を誇っていることが証明されました。

SNSでは「定期的に見返している作品」「自分の年齢の変化で、推しが変わる!」「日本版もタイ版も観たけど、やっぱり本家が一番面白い!」などのコメントが散見されました。

この作品こそ、チャン・グンソクの代表作! 2位~8位

ここからは、2~8位までの結果を発表していきます!

2位 メリは外泊中(得票数 104票 / 16.30%)

3位 ラブレイン (得票数 64票 / 10.03%)

4位 スイッチ~君と世界を変える~(得票数 58票 / 9.09%)

5位 テバク〜運命の瞬間〜(得票数 51票 / 7.99%)

6位 黄真伊(ファン・ジニ)(得票数 32票 / 5.02%)

7位 ベートーベンウィルス(得票数 27票 / 4.23%)

8位 キレイな男(得票数 16票 / 2.51%)

あなたが選んだ作品は、何位にランクインしていましたか?

アンケートにご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

ダンミ ニュース部

K-POP&韓国芸能ニュースの中から、皆さんの関心をキャッチして正確にわかりやすく翻訳し、お伝えします!

記事一覧を見る(2240件)






ご意見を自由にコメントしてください!

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs