韓国人気俳優 ヒョンビン、チャン・ドンゴン主演の映画「猖獗(チャングォル)」が韓国を超え、世界中の期待が集まっている。

俳優ヒョンビン、チャン・ドンゴン主演の映画『猖獗(チャングォル)』が来る10月に、韓国を始めアジア・ヨーロッパで同時公開を進めている。

ヒュン・ビンは映画のために髪を伸ばしていた。

ヒュン・ビンは映画のために髪を伸ばしていた。(出典:news.chosun)

2016年『共助』に続き、再び息を合わせるキム・ソンフン監督とヒョンビン、芸能界を代表する親しい先輩後輩として知られているヒョンビンとチャン・ドンゴンの組み合わせが、特別な相乗効果を発揮するものと期待を集めている。

映画「共助」でタッグを組んでいたヒュン・ビン(左)とキム・ソンフン監督(右)

映画「共助」でタッグを組んでいたヒュン・ビン(左)とキム・ソンフン監督(右)(出典:Youtube)

映画『猖獗』は、夜だけ活動する“夜鬼”の猖獗を防ぎ、朝鮮を救うためイ・チョン(ヒョンビン)が繰り広げる死闘を描いたアクション映画だ。

ヒュン・ビン主演の「猖獗」。夜鬼との死闘を強いられたヒーローアクション映画

ヒュン・ビン主演の「猖獗」。夜鬼との死闘を強いられたヒーローアクション映画(出典:Daum映画)

『猖獗』は、カンヌ国際映画祭マーケットから、わずか2枚のイメージ写真でバイヤーの関心を集めるほど、話題となったことがある。
すでに世界中でシンドロームを起こした『新感染 ファイナル・エクスプレス』の事例と、夜だけ活動する夜鬼という新しいクリーチャーと、朝鮮時代の出会いが、海外バイヤーたちの関心を高めた。

今回、韓国国内マーケティングに先行して、海外同時公開の推進計画が発表がされるのは異例だ。『猖獗』は、作品の価値を高め、収益を最大化し、不法流出による被害を最小限に抑えることはもちろん、産業全般に見た時、世界市場を対象に、韓国映画配給戦略の基礎を固めたという意義もある。

『猖獗』は、華麗で打撃感あふれるアクションと、身分や性別を行き来する多才なキャラクターの饗宴で、韓国国内観客だけでなく、世界の観客を魅了する準備の真っただ中だ。

もう一人の韓流スター チャン・ドンゴンも出演して話題を呼んでいる

もう一人の韓流スター チャン・ドンゴンも出演して話題を呼んでいる(出典Daum 映画)

ヒョンビン、チャン・ドンゴンをはじめ、チョ・ウジン、キム・ウィソン、チョン・マンシク、ソ・ジヘ、イ・ソンビン、チョ・ダルファンら韓国映画界の実力派俳優から新進気鋭の俳優までが合流し、さらに完成度の高い作品となることを予告している。

▼ 猖獗について語るチャン・ドンゴン ▼

[korea_sns_button] [reaction_buttons]