• 長年にわたり、韓国ドラマの視聴手段として愛されているBS・CS。
  • BS・CSでは様々なチャンネルで繰り返し放送されている韓国ドラマが存在します。
  • そこで今回は、3月にBS・CSで放送開始する放送頻度が高い”ロングラン”韓ドラ6選をピックアップ!

韓国ドラマを観る手段として長年愛されているBS・CS。

旧作から新作まで幅広い年代の韓国ドラマをまんべんなく楽しめるのが、BS・CSの醍醐味ではないでしょうか。

BS・CSでは放送権などの関係で1度しか放送されたことがない作品がある反面、様々なチャンネルで何度も繰り返し放送されている、放送頻度の高い作品も放送されています。

そこで今回は、3月にBS・CSで放送開始!過去から現在まで、地上波やケーブルテレビで何度も放送された”ロングセラー”韓ドラ6選をご紹介。

どの作品がラインナップに入っているのか、要チェックです!

 

『100日の郎君様』(tvN/2018)

最初にご紹介するのは、ド・ギョンス主演の『100日の郎君様』。

最高視聴率14.4%を記録した本作は、陰謀により記憶喪失となった世子と婚期を逃したヒロインが繰り広げるラブコメディ時代劇です。

来月5日よりBSテレ東、来月21日からはホームドラマチャンネルにて第1話より楽しみいただけます。

●日本放送情報:BSテレ東/2024年3月5日(火) 10時55分~、ホームドラマチャンネル/2024年3月21日(木) 深夜0時15分~

画像出典:tvN
100日の郎君様
時代劇/ラブコメディ
tvN/2018/全16話

あらすじ

完全無欠の世子から、記憶を失い庶民になったウォンドゥク(ド・ギョンス扮)と、婚期を逃したホンシム(ナム・ジヒョン扮)の前代未聞の100日時代劇ラブコメディ。16年前に父親が謀反を起こして世継ぎとなった世子のイ・ユル(ド・ギョンス扮)。しかし、朝廷の陰謀によって刺客に襲われ、記憶喪失となってしまう。一方、16年前の謀反により父を亡くし、兄と離れ離れになってしまったユン・イソ(ナム・ジヒョン扮)は、自身の身を守るためにホンシムとして生きていくことを決意するのだが・・。

キャスト

ド・ギョンス(EXO)、ナム・ジヒョン、チョ・ソンハ、チョ・ハンチョル、オ・ヨナ 他

最高視聴率・受賞歴など

14.4%

口コミ

「とても分かりやすいストーリーで面白かった」
「とにかく号泣」
「素敵なストーリー」

予告映像


動画出典:moviecollectionjp

『ボーイフレンド』(tvN/2018)

2作目は、ソン・ヘギョ×パク・ボゴムが贈る『ボーイフレンド』です。

来たる3月6日よりBS Japanextにて放送開始する本作は、ホテル業界を舞台に年上CEOと新入社員が繰り広げる大人のロマンス。

●日本放送情報:BS Japanext/2024年3月6日(水) 15時~

画像出典:tvN
ボーイフレンド
ロマンス
tvN/2018/全16話

あらすじ

有名政治家の娘チャ・スヒョン(ソン・ヘギョ扮)は、大学卒業後に御曹司のチョン・ウソク(チャン・スンジョ扮)と結婚するも相手の浮気が原因で離婚することに。そして慰謝料として受け取ったトンファホテルの代表に就任。4年で業界トップへと成長させたのだった。ある日、出張で訪れたキューバで一人旅をしていた青年キム・ジニョク(パク・ボゴム扮)と出会い・・。

キャスト

ソン・ヘギョ、パク・ボゴム、チャン・スンジョ、ムン・ソングン、ナム・ギエ 他

最高視聴率・受賞歴など

10.3%

口コミ

「映像美が素晴らしい」
「映画のような世界観」
「素敵なストーリー」

予告映像


動画出典:NBCユニバーサル アジア

『太陽の末裔 Love Under The Sun』(KBS/2016)

3作目は、最高視聴率38.8%を叩き出した大ヒット作の『太陽の末裔 Love Under The Sun』。

ソン・ヘギョとソン・ジュンギが主演を務めた本作は、戦場を舞台に限られた環境下で愛と成長、成功を夢見る軍人と医師たちのロマンスドラマです。

来月26日より、BS Japanextにて放送開始。

●日本放送情報:BS Japanext/2024年3月26日(火) 19時~

画像出典:KBS
太陽の末裔 Love Under The Sun
ロマンス
KBS/2016/全16話

あらすじ

久しぶりの休暇を楽しんでいた軍人のユ・シジン(ソン・ジュンギ扮)とソ・デヨン(チン・グ扮)。2人は窃盗犯のキム・ギボム(キム・ミンソク扮)を捕まえるも、ギボムが逃走した際にけがをし、病院に送ることに。そんな中、ギボムにデヨンの携帯を盗まれたことに気が付き・・。

キャスト

ソン・ジュンギ、ソン・ヘギョ、チン・グ、キム・ジウォン、オニュ 他

最高視聴率・受賞歴など

38.8%

口コミ

「何度も観たくなる」
「素敵なドラマ」
「胸キュン間違いなし」

予告映像


動画出典:NBCユニバーサル アジア

『赤い袖先』(MBC/2021)

4作目は、ジュノ主演の『赤い袖先』をご紹介します。

最高視聴率17.4%を記録した本作は、第22代王の正祖(イ・サン)と女官の切ない愛を描いたロマンス時代劇。

来たる3月19日より、TBSチャンネルにてご覧いただけます。

●日本放送情報:TBSチャンネル/2024年3月19日(火) 深夜3時30分~

画像出典:MBC
赤い袖先
ロマンス/時代劇
MBC/2021/全17話

あらすじ

粛清により一族が没落し、宮中で宮女として仕えることとなったソン・ドクイム(イ・ソラ/イ・セヨン扮)。同じく朝鮮王朝21代国王英祖の孫、イ・サン(イ・ジュウォン/ジュノ扮)は悲劇的な出来事で父を失い、宮中で孤独な時間を過ごしていた。ある夜、サンはドクイムの巧妙な計らいによって窮地を脱する。その時の出会いが、サンの心に淡い感情を芽生えさせるが、運命は2人を再び引き裂いてしまう。数年後、成長したドクイムは聡明さを発揮し、尚宮たちから注目を浴びながらも、自らの生き方を模索していた。ある日、彼女は走っている最中に足を踏み外し、近くにいた世孫を巻き込んで池に転落する。ドクイムは反省文を書くよう命じられるが、中へ入ってきた世孫を司書と勘違いし、無礼な態度で彼を追い返してしまう。怒り心頭の世孫は何度も書き直しを要求し、その過程で2人は徐々に心を通わせていき・・。

キャスト

イ・ジュノ、イ・セヨン、カン・フン、イ・ドクファ、パク・ジヨン 他

最高視聴率・受賞歴など

17.4%

口コミ

「思ったより難しくない時代劇」
「宮女の人生にもフォーカスを当てていて新鮮だった」
「とにかく泣ける」

予告映像


動画出典:KNTV

『冬のソナタ』(KBS/2002)

5作目は、韓流ブームの火付け役『冬のソナタ』。

ペ・ヨンジュン×チェ・ジウ×パク・ヨンハが主演を務めた本作は、運命に翻弄された3人の切ない愛を描いた名作ロマンスです。

来月27日より、ホームドラマチャンネルにて放送開始。

●日本放送情報:ホームドラマチャンネル/2024年3月27日(水) 12時~

画像出典:KBS
冬のソナタ
ロマンス
KBS/2002/全20話

あらすじ

愛し合う男女2人が、運命に翻弄される甘く切ないラブロマンス。チョン・ユジン(チェ・ジウ扮)と、彼女に想いを寄せるキム・サンヒョク(パク・ヨンハ扮)が通う学校に転校してきたカン・チュンサン(ペ・ヨンジュン扮)。サンヒョクの思いをよそに惹かれ合う二人だが、チュンサンは交通事故に遭い、帰らぬ人となってしまう。それから10年の月日が経ち、ユジンはサンヒョクと婚約することに。しかしユジンの目の前にチュンサンそっくりの男イ・ミニョン(ペ・ヨンジュン扮)が現れ、彼女の気持ちは揺らいでしまい・・。

キャスト

ペ・ヨンジュン、チェ・ジウ、パク・ヨンハ、パク・ソルミ、イ・ヘウン 他

最高視聴率・受賞歴など

28.8%

口コミ

「観出したら止まらない。中毒性がある」
「いつ観ても大号泣」
「1話からすんなりと物語に入れる」

『不滅の恋人』(TV朝鮮/2018)

最後にご紹介するのは、ユン・シユン主演の『不滅の恋人』です。

来たる3月5日よりチャンネル銀河にて放送開始する本作は、朝鮮王朝時代を舞台に大君兄弟の対立と、1人の女性をめぐる恋愛バトルを描いたロマンス時代劇。

●日本放送情報:チャンネル銀河/2024年3月5日(火) 14時30分~

画像出典:TV朝鮮
不滅の恋人
ロマンス/時代劇
TV朝鮮/2018/全20話

あらすじ

朝鮮王朝時代、栄華と陰謀が渦巻く中、国王と二人の大君、イ・ガン(チュ・サンウク扮)とイ・フィ(ユン・シユン扮)の三兄弟が宿命の物語を紡いでいた。次男のチニャン大君、通称イ・ガンは、幼少時から病弱な長兄の王位継承を脅かさぬようと、宮廷を離れて独自に育まれた。この別離により、家族との絆が断たれ、孤独な日々を送ることとなった。一方、朝廷の美しい令嬢であるソン・チャヒョン(チン・セヨン扮)は、おてんばで芸術に情熱を燃やす女性だった。彼女はある日、花嫁修業を抜け出していた際、心優しく才気あふれるイ・フィと出会い、運命の歯車が回り始めた。しかし、運命に翻弄される中、イ・ガンもまた彼女に心を寄せ、三兄弟の中での緊張が生まれる・・。

キャスト

ユン・シユン、チン・セヨン、チュ・サンウク、リュ・ヒョヨン、ソン・ビョンホ 他

最高視聴率・受賞歴など

5.6%

口コミ

「展開は韓ドラあるあるの王道ロマンス」
「チュ・サンウクが演じた悪役は味があってよかった」
「時代劇が苦手な人でも観やすい作品」

予告映像


動画出典:ポニーキャニオン WE LOVE K

ダンミ 編集部

記事一覧を見る(2339件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs