芸能人の活躍に冷水を浴びさせるような問題的なインフルエンサーとして名を広めたファン・ハナ。これまで多くの騒動が報じられてきたが、今回は自傷行為で物議を醸している。

韓国芸能界のトラブルメイカーファン・ハナが、リストカットのような自傷行為を起こしたと物議を醸している。

ファン・ハナは12月17日、自身のインスタグラムに「×××電話しろ×××野郎」というキャプションと共に写真を投稿。公開された画像には自身の腕と血まみれになった背景が写し出されており、ネットユーザーに衝撃を与えている。

血まみれになった写真を投稿したファンハナ

ファン・ハナは、血まみれになった写真を投稿した(画像出典:オンラインコミュニティー)

ファン・ハナは、該当の画像を投稿する前、「年を取り、こうしたことは幼稚でしないけど、編集して言葉を変えてひとまず全て許してあげるから、盗んだ4億ウォン(約4000万円)の自動車を持ってこい」と車の盗難被害を主張し犯人に向けて警告した。

各種媒体によると、ファン・ハナは現在交際しているボーイフレンドとの会話も掲載。舌がもつれた状態で「すべて誰がさせたことなの?」と問い詰めると、ボーイフレンドはある男性の名前を言及。ファン・ハナカップルと知人の争いによって、このような状況を招いたと推定される。

ファン・ハナは、ケガをした手首の写真を削除した後「大変だったけど、誤解は誤解で私は解明しません。話したいことも話しませんし、口を閉じ、耳も塞ぎます。追い込まないでください。私も大変で疲れているんです」という文章を投稿したが、その後、全ての掲示物を削除した。

韓国芸能界のトラブルメイカーと言われているファンハナ

ファン・ハナは、韓国芸能界のトラブルメイカーと言われている(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:ファン・ハナ SNS)

韓国の大手財閥の孫娘であるファン・ハナは、過去に、人気歌手パク・ユチョンの恋人として注目を浴びたが、彼だけでなく、元FTISLANDのチェ・ジョンフンなど多くの芸能人との人脈を自慢してきた。

また、クラブ・バーニングサンのVIPとしても知られているファン・ハナは、昨年、薬物スキャンダルが明るみとなり、麻薬使用の容疑で裁判にかけられて、懲役1年・執行猶予2年を言い渡されている。裁判が終わった当時、取材陣に対して「社会に物議を醸してしまい申し訳ない。社会に奉仕して生きます」と述べたことも。

最近は、インスタグラムなどSNSを通じて化粧品や衣類などを販売し、インフルエンサーとして活動していたが、今回の騒動によって再び注目を浴びたファン・ハナ。一部のネットユーザーからは「静かになったと思ったのに。また騒動を起こしましたね」「彼女の私生活は相変わらず深い闇に包まれているようだ‥」などの反応が寄せられている。

(関連記事)ファン・ハナ & ハン・ソヒ.. トラブルメーカーに泣く韓国芸能界




最新ニュース

おすすめニュース