YGエンターテインメントの疑惑や不祥事で、投資をしていた韓国国民年金がここ半年で200億ウォンの損失を被った。

ヤン・ヒョンソク YG 株価

6月14日YGエンターテインメントの総括プロデューサーを辞任したヤン・ヒョンソク氏。彼はまだYGの株式持ち分を23.28%を所有している事実上オーナーである。(写真提供:©スポーツ韓国)

YGエンターテインメント(以下YG)所属芸能人の相次ぐ麻薬スキャンダルや疑惑で、同社株価の暴落が続いているなか、韓国国民年金も200億ウォン(日本円で約20億円)以上損害を被ったと報道が出た。

去る18日、KOSDAQ市場で前日より650ウォン(2.25%)値下げした28,300ウォンで取引きを終えたYGの株価は、昨年6月以来最安値(28,250ウォン)を更新した。

※KOSDAQ:中小企業やベンチャー企業が市場で事業資金をより円滑に調逹できるようにするために1996年に設立された韓国の証券市場。

ここ最近BLACKPINKの活躍などの好材料で株価を上げていた昨年12月の48,950ウォンに比べると半分近く株価が下落したことになる。

株式時価総額は5,148億ウォンで、「奮闘」していた昨年12月の8,905億ウォンから3,756億ウォンがここ半年で消えてしまった。

このような株価下落の被害は、余すところなくYGエンターテインメントに巨額の投資を行い5大株主として名を連ねている韓国国民年金公団(国民年金基金)にも大きな被害を与えた。

韓国国民年金公団が所有しているYGエンターテインメントの株式持ち分は全体の5.66%

YGスキャンダルの発火元となったクラブ・バーニングサン事件が勃発した際にも、韓国国民年金は100億ウォン近い損失を余儀なくされた。
当時韓国国民からは、韓国国民年金公団が積極的に経営上重要な意思決定に参加する「スチュワードシップ・コード Stewardship Code」を行使するか関心が集まっていた。

しかし、僅か3か月で損害額が倍になるという羽目になり国民からの批難を免れることは難しくなった。

当時(3月) ヤン・ヒョンソク元総括プロデューサーの実弟でYGの代表取締役だったヤン・ミンソク氏は「クラブ・バーニングサン事件で、YG株価が急落し国民年金が100億ウォンの損失を被った」との指摘に「今は申し上げられる事案ではない」と言及を控えた。

一方、様々な疑惑が持ち上がったYGエンターテインメントについて韓国警察の首脳 ミン・カプリョン警察庁長官は「国民が疑問に思うことがなくなるまで徹底して捜査をする」と明かした。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。
[korea_sns_button]

LINE@友だち追加