新大久保に行くなら必須クーポン! 各種料理の割引クーポンから一品サービスクーポンまで! 今すぐチェックする人はこちら

YGエンターテインメント、ヤン・ヒョンソク代表電撃辞任を発表した。

YGエンターテインメント、ヤン・ヒョンソク代表が電撃辞任を発表した。

ヤン・ヒョンソク YGエンターテインメント 総括プロデューサー

ヤン・ヒョンソク YGエンターテインメント 総括プロデューサー(画像出典:©スポーツ韓国)

相次ぐ所属芸能人の麻薬疑惑や不祥事でどん底に陥っていたYGエンターテインメントの創業者であり、現在総括プロデューサーであるヤン・ヒョンソク代表が、辞任を発表した。

14日ヤン代表は「今日付けでYGでのすべての職位と業務を辞めようとしている」と公式立場を発表した。

ヤン代表は続けて「口にすることすら恥ずかしくて屈辱な言葉があたかも事実のように語られる昨今の状況に対して忍耐心を持って耐えてきた。しかし、これ以上は難しい。」とし「これ以上、YGと所属芸能人達そしてファンの皆さんに私のせいで被害が及ぶことは絶対あってはならないと思った。」と辞任の理由を明らかにした。

しかし「現在のメディア報道と様々な噂の事実関係は、今後調査過程ですべての真実が明らかになると信じている。」とし自身とYGを巡る疑惑については否認をするかのような言葉を残している。

文中「私は、23年間私の人生の半分をYGを育てることに捧げました。最高の音楽と最高のアーティストを支援することが、私にとって一番大きな幸せでファンと社会に差し上げることができる唯一の能力だと思ってきました」と心境を述べている。
1996年にYGエンターテインメントを設立したヤン代表は、SMエンターテインメントとJYPエンターテインメントとともにK-POP3大プロダクションの一角として、世界的なK-POPの人気を牽引した主役でもある。

しかし、所属芸能人の麻薬投薬疑惑に世間からは「YG薬局」と、嘲笑される立場を余儀なくされており、麻薬疑惑の渦中にある所属芸能人の捜査介入疑惑まで持ち上がり、韓国芸能界を浄化しようとする努力をしないという批難にも直面していた。

ヤン代表は、K-POPの躍進のために最高の環境を作り、最高のアーティストを育てて世に送ってきた。
その業績を否定する者はいないだろう.. 本日K-POP界の大物として君臨してきたヤン代表の華麗なステージが、幕を閉じた。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。