11月10日に除隊したBIGBANG(ビッグバン)のメンバーSOL(ソル)が、除隊してすぐに自身のインスタグラムを再開した。敬礼する姿や同期の戦友たちと共に、茶目っ気溢れる様子で写真を撮るSOLの人柄の良さが伝わってくる。

K-POPボーイズグループBIGBANGのメンバーSOL(ソル / 本名 トン・ヨンベ)が、自身のインスタグラムを通じて除隊をお祝いする写真を数枚公開した。

11月10日午前、京畿道(キョンギド)龍仁(ヨンイン)陸軍地上作戦司令部で、SOLはメンバーのD-LITE(ディーライト / 本名 カン・テソン)と共に除隊したのち、約1年5ヶ月ぶりにSNSを更新した。

同期の仲間と楽しそうに写真を撮るSOL

同期の仲間と楽しそうに写真を撮るSOL(画像出典:SOL Instagram)

SOLは「2018.03.12~2019.11.10 #Bravo_is_my_life」という文と共に、敬礼をしている写真と戦友と共に撮影した写真を数枚公開。

団体写真で茶目っ気溢れるポーズを取りながら喜んでいる様子がうかがえるSOLは、別の投稿で「Dope discharge.congratz!」と書かれている除隊を記念する貴重な刺繍も公開し、そこには部隊を象徴するマークと除隊日が刻まれている。

除隊を記念する貴重な刺繍

除隊を記念する貴重な刺繍(画像出典:SOL Instagram)

SOLの投稿を目にした一部のファンたちは、

「除隊、本当におめでとうございます!」
「今後の活動を楽しみにしています」
「早くSOLの歌が聴きたいです!」

などの反応を見せて、SOLの除隊後の活動に関心を寄せている。

一方、同じくBIGBANGのメンバーT.O.P(トップ / 本名 チェ・スンヒョン)も、自身のインスタグラムストーリーを通じてSOLとD-LITEの除隊をお祝いするなど、メンバー同士の友情を見せつけた。

これに先立ち、除隊時の挨拶でBIGBANGの今後活動計画について「今後、多くのことを考えなければならないと思います。僕たち同士で熱心に意見を出し合い、良い姿で皆さんに恩返しをしたいです。軍生活の期間で見せられなかった姿を沢山見せて行けるように努力します」と覚悟を伝えたSOL。

これでBIGBANGのメンバー4人全員が軍服務を終えて、ファンの元に戻ってきたわけだが、これまで、T.O.Pは2016年に大麻の吸引で物議を醸し、D-LITEは今年7月に彼が所有している建物で違法風俗店が運営されていたという疑惑が提起され、V.I(スンリ / 本名 イ・スンヒョン)は今年の初めに「バーニングサン事件」の中心に立ち各種疑惑と非難によってBIGBANGを脱退。

このような中、「多くのことを考えなければならない」というSOLの言葉のように、お互いに沢山話し合って4人組のBIGBANGに再び会うことが出来るのか、彼らの今後の活動に関心が傾いている。