8月のボーイズグループの個人ブランド評価でWanna Oneカン・ダニエルが1位になった。

ボーイズグループの個人ブランド評価2018年8月の結果が発表された。
1位はWanna Oneカン・ダニエル、2位はASTROチャ・ウヌ、3位はBIGBANGのV.Iだった。

ボーイズグループの個人ブランド評価で1位になったカン・ダニエル

ボーイズグループの個人ブランド評価で1位になったカン・ダニエル(出典:Twitter)

韓国企業評価研究所は、ボーイズグループ個人ブランド評価ビッグデータ分析のため、7月16日から8月17日まで、ボーイズグループ個人445人のグランドビッグデータ180,047,530個を抽出し、ボーイズグループ個人ブランドの消費行動の分析をもって作成された参加指数、メディア指数、コミュニケーション指数、コミュニティ指数で、ブランド評価指数を分析した。

2018年8月の個人ブランド評価は、以下の通り。
1位Wanna Oneカン・ダニエル、2位ASTROチャ・ウヌ、3位BIGBANG V.I、4位BTOBソ・ウングァン、5位Wanna Oneオン・ソンウ。その後、BTS(防弾少年団)ジミン、Wanna Oneパク・ジフン、Wanna Oneファン・ミンヒョン、PENTAGONイドン、Wanna Oneハ・ソンウン、BTS(防弾少年団)ジョングク、Wanna Oneキム・ジェファン、BTOBユク・ソンジェ、BTS(防弾少年団)V、PENTAGONフイ、Wanna Oneパク・ウジン、Wanna Oneイ・デフィ、VIXXレオ、Wanna Oneユン・ジソン、BTS(防弾少年団)ジン、Block Bジコ、Wanna Oneライ・グァンリン、Wanna Oneペ・ジニョン、SHINeeミンホ、IMPACTイサン、MXMキム・ドンヒョン、SHINHWAエリック、BTS(防弾少年団)シュガ、EXOシウミン、BTS(防弾少年団)J-HOPEが名を連ねた。

なお、このブランドの評価指数は、消費者のオンライン習慣がブランドの消費に大きな影響を与えている点に注目し、ブランドビッグデータの分析を通して発表されたものである。

[su_spacer size=”30″]




[korea_sns_button]
[reaction_buttons]

Danmee公式SNS

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs