VIXX(ヴィックス)ラビが、6月3日に発売した4枚目のミニアルバム『ROSES』。この収録曲『RED VELVET』の歌詞が、ガールズグループ”Red Velvet”に対するセクハラではないかと議論になっている。(記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

VIXXラビ(RAVI)が、新しいソロアルバムを発表後、収録曲『RED VELVET』が、セクハラ問題に巻き込まれている。

VIXX_ラビ

VIXXのラビの新しいソロアルバム収録曲『RED VELVET』が、セクハラ問題に発展している。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

ラビは6月3日午後6時、自身が全曲作詞・作曲を手掛けた4枚目のミニアルバム『ROSES』を発表した。このアルバムには計7曲が収録されている。

問題になっているのは、収録曲『RED VELVET』だ。この曲には、グループ名”Red Velvet“を思わせる歌詞が多数登場する。また、彼女たちの曲である『Dumb Dumb』『Russian Roulette』をはじめ、メンバーのイェリ、ジョイの本名であるスヨンなども歌詞に含まれている。

このような有名人の引用は、ヒップホップの歌詞でよく見られるが、今回問題になったのは、ガールズグループを引用した表現が、性的な隠喩としてイメージされるという点だ。

セクハラを主張するネチズン(ネットユーザー)は、歌詞の中の「DRIP! 危険だから帽子を目深にかぶってくれ」「おまえとオレを閉ざされた空間に2人きりにするな」「チョコレートの間を泳いでいるようだ」「もっと大きくかじってくれる? R.E.D.V.E.L.V.E.T SO SWEAT BABE」などを指摘。

特に「もっと大きく噛んでくれる?」の次に来る歌詞が、”甘い”という意味の”SWEET”ではなく、”汗で濡れた状態”を意味する”SWEAT”と表現したのも、恐らく意図的なのではないかと主張している。

ラビは、最近あるメディアとのインタビューを通じて、収録曲の『RED VELVET』と、グループ”Red Velvet”の関連性について、「歌詞の中にユーモラスを取り入れる要素として、(Red Velvetの曲に出てくる)『Dumb Dumb Dumb Dumb Dumb Dumb』が入っている。コミカルな感じにしようと言うことで、こうなった」と説明。そして、「Red Velvetと親交はない」ことも明かしている。

曲の歌詞を直訳すると「どこがセクハラなの?」と首をかしげる日本人ファンも多いだろう。ラビ本人が意図しなかったとしても、文脈から伝わる男の”隠喩”があると、韓国のネットユーザーらは口を揃える。

まず、前出の「DRIP! 危険だから帽子を目深にかぶってくれ」。一見何の問題もない歌詞のように見えるが、”帽子”は男性用の避妊器具を意味する隠語である。また、「帽子をかぶってくれ」と訳される「모자를 눌러줘」の”누르다”は、”押す”という意味も持っているが、性的行為を連想させる隠語としても使われるそうだ。

“DRIP”は、最近アメリカのヒップホップシーンでよく登場する言葉で「イケてる!」という意味なのだが、「アイスクリームが溶けて滴り落ちる」という意味を持っており、”男性の性器”を思わせると不快感を表すネットユーザーもいる。

他にも「チョコレートの間を泳いでいるようだ(原文には、”水泳”をしている)」の”水泳”は、韓国の読みで”スヨン”であることや、「これ以上我慢できない、テストはやめて」など、多分に性的な表現が用いられており、Red Velvetに対する明白なセクハラと主張するファンが多い。

女性ユーザーが多く活動している、あるネットコミュニティーには「ラビ本人も、これがバレると思っていたはず」とし「行き過ぎた遊び心であり、許されない行為」と、強い口調で批判をする声も多数寄せられている。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。




人気ニュース

VIXX(ヴィックス) 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース