VIXXのホンビンが、去る2月29日に行った個人配信で、他のアイドルを卑下する発言をして物議を醸した。そして騒動から約2ヶ月が経過した本日(5月1日)、所属事務所であるJellyfishエンターテインメントがホンビンの活動中断を発表した。

VIXXのメンバー、ホンビンが活動を中断する。

Jellyfishエンターテインメントは本日(1日)早朝、VIXXの公式ファンカフェを通じて、ホンビンがゲーム配信活動及び芸能活動をしばらく中断することを発表。

活動中断を決断したVIXXホンビン

活動中断を発表したVIXXのメンバー ホンビン(出典:VIXX公式Twitter)

ホンビンは今年2月29日に飲酒しながら個人配信を行い、SHINeeやEXOをはじめとするアイドルグループを卑下する発言をして物議を醸した。これに対して彼は数回に渡り謝罪する事態となり、またメンバーのレオとラビも彼の失言に対して謝罪した。

(関連記事)VIXX ホンビンの失言がお家騒動に? 優しいレオが鬼になった

VIXX レオ と ラビ

VIXXのメンバー レオ(左)とラビ(右)(画像出典:ラビInstagram)

これ以降、ホンビンは配信をはじめとする活動を自粛。4月にはTwitter、Instagramのアカウントを削除、ファンを心配させた。

Jellyfishの発表に先駆けてホンビンは、「一瞬の行動で、長い時間を共にしたメンバーとファンを失望させてしまい、本当に申し訳ございません」と直筆の手紙を公開。同時に「自身の軽率な行動によって傷ついたアーティストの方々とファンの方々に、もう一度心から謝罪させて頂きたい」と、2ヶ月ぶりの謝罪も行なった。
彼がこの騒動に関して謝罪するのは、これで5度目となる。

またJellyfish側は、一連の騒動に関するホンビンへの悪質コメントに対しては「悪意ある誹謗やセクハラ、デマの流布、名誉毀損にあたる掲示物を継続的に確認しており、弁護士を通じて告訴手続きを確認している」と発表した。

(関連記事)「同業者精神を失ったのはホンビンだけじゃない」疑問があがる中、4度目の謝罪

2ヶ月の自粛期間を経て、‘活動中断’を発表したホンビン。ファンからは、「また会えるまでずっと待ってる」、「ファンがホンビンを愛しているってことを絶対に忘れないでね」、「いつも応援しているよ、また会える日までゆっくり休んでね」と、エールが届けられている。



しかし一部では脱退説が浮上していたこともあり、ファンは依然として不安を拭いきれないでいるようだ。

VIXX(ヴィックス) プロフィール&記事(35)