1月15日、TXT(トゥモローバイトゥギャザー)をモチーフにした『星を追う少年たち』の漫画と小説が公開された。物語に登場するアイドルグループのスターワン(Star One)は、”魔法アイドル”の世界で魔法の能力を持っていないため、2軍に分類されてしまう哀れなアイドルグループである。これを読んだ韓国ネットの反応は果たして‥。

去る1月15日、TXT(トゥモローバイトゥギャザー)をモチーフにした漫画と小説『星を追う少年たち』が公開された。

本作は音楽とパフォーマンスだけでなく、”魔法能力”を競い合うアイドルというコンセプトで展開され、日本ではLINEマンガのアプリで無料で読むことができる。

『星を追う少年たち』

『星を追う少年たち』(画像出典:公式Facebook)

『星を追う少年たち』で描かれている”魔法アイドル”の世界は、現実のアイドルのように*1軍と2軍に分けられている。ただ、それを分ける基準は人気と知名度ではなく、”魔法”を使える(1軍)か、使えない(2軍)かだ。

*1軍と2軍:韓国の俗語で、高い人気を誇るトップアイドルは1軍、そこそこの知名度を持つアイドルを2軍と呼ぶ。1.5軍も存在する。

TXTがモチーフのアイドルグループ”スターワン(Star One)”は、魔法の能力を持っていないため、2軍に分類される(本編の表現上)哀れなアイドルグループである。

スターワンは、「大きな投資を受けてスタートを切ったが、全て失敗した」という一言に尽きる。その損失額は、なんと79億ウォン(約7.5億円)。

所属事務所からの支援は途絶え、専任マネージャーはたった1人だけ。移動も公共交通機関を使い、アイドルらしからぬ待遇に悔しさを抱くメンバー。「魔法さえ使えるようになれば、1軍アイドルになって順風満帆な未来が待っているのに‥」と、絶望にまみれた独白が聞こえてきそうな展開が続く。

ハイライトは、1軍アイドルの”代打”で出演することになったあるイベント会場での屈辱的な出来事だ。

現場の担当スタッフが彼らに向かって「君たち、こんな(すごい)ステージに上がったことなんてないだろう?」と見下す発言をする。そして他のスタッフや集まった観客からも「代打だって? 恥ずかしい」「特別ゲストが2軍アイドルなの? レベルが低いなあ」「なんだ、あの無名の子たちは?」「くそー! だから2軍なんて呼ぶんじゃなかった」という声が聞こえてきて‥。

現在、第1話が公開されているのだが、TXTをモチーフにしたという触れ込みに対して”売れないアイドル”と、現実では”売れっ子アイドル”として活動中のTXTとで、大きな乖離を感じるとの声が多数上がっている。

一部のネットユーザーからは「BTSの弟分として、(TXTは)苦労を知らずにスターになったのでは?」「損失額が79億ウォンだなんて‥夢破れたアイドルへの配慮が足りない」「現存のアイドルをモチーフにするな!」「自虐ネタなの?」「自虐を越える不幸案件‥」「HYBEは不運からの成長というネタを好むよね」というような、苦言が寄せられている。

韓国ネットに上がった反応

韓国ネットに上がった反応(画像出典:韓国オンラインコミュニティー スクリーンショット)

さらにTXTファンからは「いくらフィクションでも、推しを売れないアイドルにされるのは嫌だ」「こういう物語を作るから、”苦労知らず”とか叩かれるのよ」といった不満の声も‥。

『星を追う少年たち』第1話では、スターワンメンバーの1人が、自身の持つ魔法のポテンシャルに気付くという展開を見せ、第2話で”魔法使い”の1軍アイドルへ昇格(?)する事が予想される。

これを踏まえて「第1話だけで、つべこべ言うのはやめようよ」「第2話からはきっと反撃開始だから、まだ入り込まないで」と、冷静を促す声も散見された。



TXT

2019年3月4日にデビュー。
BigHitエンターテインメントが、BTS以来5年9ヵ月ぶりに輩出したグループで、デビュー前より“BTSの弟”として注目を浴びていた。

デビューアルバムは「The Dream Capter:STAR」で、タイトル曲は「ある日頭から角が生えた(韓国名 어느날 머리에서 뿔이 자랐다 / CROWN)」。

TXT 最新記事はこちら(323)







Danmee公式SNS

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs