TWICE(トゥワイス)がついに世界進出する。アメリカの有名レーベル‘リパブリック・レコード’と提携し、本格的な海外市場に乗り出すことになった。実はこのレーベルには既にあるK-POPアイドルが所属しており、TWICEのアメリカ進出を機に‘同じ釜の飯を食べる’仲になると話題だ。そのアイドルとは…?

韓国のガールズグループ、TWICE(トゥワイス)が本格的な海外進出を果たす!
ユニバーサル・ミュージック傘下のリパブリック・レコードは24日(現地時間)、地元メディアに「TWICEの全世界での活躍に向けてJYPエンターテインメントと戦略的な協業を締結した」と発表し、ついにTWICEの世界進出が決定した。

ついに世界進出を果たすTWICE

ついに世界進出を果たすTWICE(画像出典:TWICE公式Twitter)

リパブリック・レコード側は“マルチプラチナムを記録したK-POP最強であるガールズグループTWICEの音楽を全世界に披露する”とTWICEを高く評価し、それ以上の期待感も示した。
続いて“メガヒットソングやミュージックビデオを披露し、常に新記録の更新を続けているグループ”だと紹介し、Youtubeの再生回数が5億回を記録した‘TT’のミュージックビデオをはじめ、韓国と日本でのアルバム販売量が合計800万枚を突破、“The Forum”のような最大級の規模を誇る会場で展開したワールドツアーなど、これまでの数々の独歩的な成果を挙げ、称賛した。

今回のTWICEとリパブリック・レコードとの協業が決定する約1年前、実はあるK-POPアイドルが同レーベルと既に契約を交わしていた。
そのアイドルとは、日本でも人気急上昇中の“TOMORROW X TOGETHER(トゥモローバイトゥゲザー / 略してTXT)” だ。
BTSの弟分として知られる彼らは、昨年3月にリパブリック・レコードと契約を締結。今年1月15日に同レーベルから日本デビューシングル「MAGIC HOUR」をリリースし、大きな好評を得ている。

TXTも同レーベル所属だった!

TOMORROW X TOGETHERも同レーベル所属だった!(画像出典:TXT Twitter)

リパブリック・レコードには世界的歌姫であるアリアナ・グランデをはじめ、テイラー・スウィフト、ドレイク、ポスト・マローンなど世界の音楽シーンのトップに君臨するアーティストたちが多く所属しており、この中で唯一のK-POPアイドルであるTWICEやTXTの世界的飛躍への期待が高まるばかりだ。
韓国を代表する二組のK-POPアイドルが、本国での所属事務所は違えどアメリカにおいては‘同じ釜の飯を食べる’仲になることに、韓国のみならず世界中からも熱い視線が集まっている。ともに良きライバルとして、先輩・後輩として、K-POPアイドル代表として、切磋琢磨し合い活躍することを期待したい。

リパブリック・レコードはモンテ・リップマンとエイヴリー・リップマン兄弟が設立したレコード会社で、ここ数年間に渡りビルボードが選ぶレーベルランキングで1位に輝き、独歩的な存在感で注目を浴びているレーベルだ。

一方、TWICEは3月7日~8日にソウルオリンピック体操競技場にて‘TWICE WORLD TOUR TWICELIGHTS in Seoul<FINALE>’のツアーファイナル公演の開催が予定されていたが、TWICEは公式SNSを通じて公演中止を発表した。
これに先立ち、新型コロナウイルス感染予防のためさまざまな対策をとっていたが、残念なことに今回は公演中止となった。

所属事務所JYPエンターテインメントは、TWICEメンバーも公演中止について大変残念に思っていることを伝えた上で、「最近、拡散している新型コロナウイルスを考え、アーティストとファンの皆さまの健康と安全を最優先し、多くの人が集まる屋内外のイベントを最大限自粛するよう呼びかけている政府の方針に積極的に協力するため」と今回の公演中止について説明している。

TWICE (トゥワイス)

TWICE (トゥワイス / ハングル 트와이스)は、2015年に韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送されたサバイバルオーディション番組「SIXTEEN」を通して選ばれた9人のメンバーによって結成された。
グループ名の「TWICE(トゥワイス)」には、「良い音楽で一度、素敵なパフォーマンスでもう一度感動をプレゼントする」という意味が込められている。

TWICE (トゥワイス) プロフィール&記事(249)