• 東方神起(TVXQ)のユンホがデビュー19周年を迎え、SNSでは“ユンホ”がトレンド入り。
  • 今やK-POP界のレジェンド的存在の彼だが、デビュー前にはバックダンサーを務めていた時期も。
  • しかしその下積み時代から、彼はすでに“未来のスター候補”として輝きを放っていた。

本日(12月26日)、東方神起(TVXQ)のユンホが、デビュー19周年を迎えた。

デビュー19周年を迎えた、東方神起のユンホ

デビュー19周年を迎えた、東方神起のユンホ (写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

SNSにはファンからのお祝い投稿が溢れており、「#유노윤호_무대위의군주_19주년(ユンホ_舞台上の君主_19周年)」など、“19周年”と“ユンホ”に関連したハッシュタグが、トレンドに多数上がっている。

[expander_maker id=”1″]

東方神起のデビュー記念日は、韓国の放送局SBSの特別番組に初めて“東方神起”として登場した日(2003年12月26日)とされている。

それから19年、数々の輝かしい実績を残し、入れ替わりの激しいK-POP界でも変わらぬ人気を維持。まさにK-POP界のレジェンド的存在となっている。

ユンホは、これまでリーダーとしてグループを引っ張ってきたが、実は彼の人気ぶりは、デビュー後に始まった訳ではない。

デビュー前から特別なオーラを発し、すでに一際注目を集める練習生だったよう。

今やK-POP界のレジェンド的存在のユンホ

今やK-POP界のレジェンド的存在のユンホ (画像出典:ユンホ Instagram)

ユンホは「第1回SMエンターテインメント青少年ベスト選抜大会」のダンス部門で1位となり、2000年に事務所の練習生になった。

練習生時代には、ダンスの実力から、練習生らのコーチを務めることもあったそう。

しかし彼は、誰かがミスをすると「もう20回だけ、やります」と、その指導ぶりは非常に厳しかったという。

そのことから、当時同じ練習生だったSUPER JUNIOR(スーパージュニア)のキム・ヒチョルとは、危うく大げんかに発展しそうになったこともあるのだとか。

人一倍真面目で、情熱家の彼らしいエピソードである。

デビュー前は、同じ事務所の歌手DANA(ダナ)のバックダンサーや、時にはラッパーとしてステージに上がり、経験を積んでいく。

しかし、その下積み時代が、K-POPファンが彼を発見する、良いきっかけをつくってくれた。

パフォーマンスを見た多くの人が、バックダンサーにも関わらず、キラキラと輝く彼に、熱い視線を注ぎ始めたからだ。当時、韓国と中国には、ファンクラブもできたのだそう。

デビュー前、中国の雑誌に登場したユンホ

デビュー前、中国の雑誌に登場したユンホ (画像出典:韓国オンラインコミュニティー)

特に中国での人気が熱く、2002年には、中国の有名雑誌に、彼単独のインタビュー記事が掲載されたというから驚きである。

これはまさに、彼がデビュー前から“未来のスター候補”として、輝きを放つ存在であったことを証明するエピソードだ。

来年は、いよいよデビュー20周年という記念すべき年。

SNSでは、「これからもずっと一緒に!」「今後も変わらず応援する!」など、日本ファンから心強いメッセージも贈られている。

▼ユンホ検定を実施中!
韓国芸能学力テスト「今こそ、復習しよう!」東方神起 ユンホ 検定 (初級)
韓国芸能学力テスト「さらに難しくなった!」東方神起 ユンホ 検定 (中級)

酒井知亜

韓国のデパ地下が大好き、酒井知亜です。韓ドラファン歴が長いですが、主にK-POP関連の記事を発信しております。韓国SNSで話題の最新イシューやスターの気になる素顔などを、読者のみなさんにわかりやすく伝えることをモットーに奮闘中です。

記事一覧を見る(503件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs