11月19日、東方神起(TVXQ)のメンバーチャンミンは、自身がメインパーソナリティーを務めるNAVER NOW.の『最強チャンミンのフリーハグ』に、韓国を代表するカリスマダンサーを招いて談笑を交わした。

韓国芸能界において、”アイドルのアイドル”と称される、”現役アイドル”がいる。

その”現役アイドル”とは、2003年にデビューし、20年近く活躍を続けている東方神起(TVXQ)である。

2000年代前半から華麗なパフォーマンスでK-POPファンを魅了してきた東方神起

2000年代前半から華麗なパフォーマンスで、K-POPファンを魅了してきた、東方神起。(画像出典:TVXQ公式Facebook)

現在、いわば”旬”と呼ばれている多くの人気アイドルが、アイドルを志願した理由について「子供の時、東方神起先輩を見てアイドルを夢見た」と明かしている。

“アイドルのアイドル”と聞いて、あたかも”時の人”という微妙なニュアンスを感じたと、不快感を覚えるファンもいるかもしれないが、そのつもりはまったくない。

東方神起は、いまだにそのビジュアルと実力で、多くの音楽ファンを惚れ込ませているバリバリの人気アイドルだ。

去る11月19日、東方神起のメンバー チャンミンは、自身がメインパーソナリティーを務めるNAVER NOW.の『最強チャンミンのフリーハグ』に、特別ゲストを招いて談笑を交わした。

インパーソナリティーを務める東方神起のチャンミン

『最強チャンミンのフリーハグ』のメインパーソナリティーを務める、東方神起のチャンミン。(画像出典:韓国オンラインコミュニティー)

そのゲストとは、Mnetダンスバトル番組『STREET WOMAN FIGHTER』に出演した、LACHICA(ラチカ)のガビとピーナッツ。

LACHICAは、今年8月から2カ月間に渡り放送され、絶賛を受けた同番組で、独特なキャラと色気溢れるダンスで韓国中を熱狂させたダンスチームである。

特にガビは、バトル相手を容赦なく挑発する気の強い”女王様キャラ”で、お茶の間の視聴者から厚い支持を受けた人物だ。彼女が披露したファッションやメイクは、昨今の”*センオンニ”ブームと相まって、若い女性を中心に大きな人気を博しているという。

*センオンニ(쎈 언니):쎄다(強い)+언니(オンニ、姉)。一般的に不当だと思ったことに対ししっかり物言いをする気の強い女性を意味する場合が多い。

そんなガビはこの日、チャンミンの前でなぜか、”大人しいレディー”に急変してしまった。もちろん、ガビと一緒に出演したピーナッツの照れっぷりも見もの。

まず、チャンミンの顔を見ながら会話を試みたピーナッツが突然「もうだめだ‥(チャンミンの)目を見て話せない」と呟くと、手で自分の口を塞いでいたガビが「ピーナッツさんが、控え室で”やばい、やばい、どうしよう”って騒いでいた」と暴露(?)。

チャンミンを前に大人しいレディーに急変したガビ

チャンミンを前に、”大人しいレディー”に急変したガビ。(画像出典:韓国オンラインコミュニティー)

これにピーナッツが「(チャンミンの)ビジュアルが平均的なものではないので‥」と感嘆すると、ガビが「ちょっとバーチャル世界にいそうな‥」と、チャンミンの非現実的な美貌を褒めまくる。

その後もガビは、チャンミンの質問に対し、場違いな答えを連発しながら「ごめんなさい。チャンミンさんがあまりにも王子様みたいで‥」と、彼の美貌のせいにする。

チャンミンと、LACHICAの2人の攻防(?)を簡単に紹介すると、

チャンミン:『STREET WOMAN FIGHTER』に出演した後、お2人の日常にどのような変化があった?

LACHICAの2人:非現実的な方(チャンミン)と向き合うことが実現した

チャンミン:私もお2人を見ていると、芸能人を見ているようで(嬉しい)

LACHICAの2人:(照れた顔で)本当に、5秒以上チャンミンさんの顔を見るのは無理です‥透き通った目がまるでキバノロ(小型のシカ)のよう。

(中略)

チャンミン:でも、私がお2人より、”かつての歌手”ですよ‥

LACHICAの2人:それは認める! 私たちが学生だった時、まさに完全制覇してたね!

このように、LACHICAの2人は『STREET WOMAN FIGHTER』でお馴染みの、挑発的な言葉や眼差しは完全に消え、王子様のカリスマに圧倒された様子を見せた。特にガビは、トレードマークだった”センオンニ”を自ら下ろすという痛恨のミス(?)を連発していたが‥。

『STREET WOMAN FIGHTER』でカリスマ性を見せていたガビ。

『STREET WOMAN FIGHTER』では、カリスマダンサーとして視聴者を魅了していた、ガビ。(画像出典:Mnet)

この日、韓国を代表するカリスマダンサーの近況を確認しようと、ストリーミングで番組を視聴したファンにとっては、ガビの思わぬ”隙”と、チャンミンの非現実的な”美貌”だけを確認する展開となってしまった。

同番組を見た韓国のネットユーザーからは「実物のチャンミンは、やっベぇらしいよ」「そう、実物見たけどまるで作品だよ」「トークできるのが不思議‥私なら、何も喋れないと思う」「チャンミンは、地球のどこかに存在する私たちが知らない種族かも」「実物を見ると、なぜ名前に”最強”が付くのかわかるって」と、同調と納得の声が寄せられている。








編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs