WayV(ウェイシェンブイ)やNCT(エヌシーティー)、SuperМ(スーパーエム)などで活躍しているルーカスが、元彼女と主張する女性から私生活暴露をされ議論へと発展。これを受け、所属事務所であるSМエンターテインメントが、予定していたコンテンツ公開を取りやめた。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

WayV(ウェイシェンブイ)やNCT(エヌシーティー)、SuperМ(スーパーエム)に所属し精力的に活動していたルーカスだったが、私生活暴露が大きな議論へと発展し、活動中断を余儀なくされた。

私生活議論を受け、全ての活動を中断すると発表したルーカス

私生活議論を受け、全ての活動を中断し「反省の時間を持つ」と発表したルーカス。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

8月25日午後、所属事務所であるSМエンターテインメント(以下、SМ)は「所属アーティストである、ルーカスの私生活イシューでご迷惑をおかけして申し訳ない」と公式立場を発表。

SМは「当社は本事案の深刻さを認知し、25日午後6時に発売予定だった、WayV-ルーカス&ヘンドリーのシングル『Jalapeño(ハラペーニョ)』音源やミュージックビデオなど、全てのコンテンツ公開の中断を決定した」と伝えている。

続けて「ルーカス本人の軽率な行動で、大きな傷と失望を与えてしまった点について深く反省しながら、当社もやはりアーティスト管理が不十分だった部分に、責任を痛感している」と、私生活イシューについて公式に謝罪した。

同日、ルーカスも個人インスタグラムアカウントを通して、謝罪文を掲載。「僕の過去の行動は、明らかに間違ったものであり、ファンの皆さんが長い間くださった、声援と支持を裏切る無責任な行動だった」と綴っている。そして「予定していた活動全てを中断し、反省する時間を持つ」と明かした。

これに先立ち、ツイッターなどのSNSやオンラインコミュニティーなどでルーカスの私生活が暴露された。暴露した人物は、彼の元彼女(A氏)だと主張している。その内容によると、ルーカスがA氏に好意を寄せて交際が始まったが、ルーカスから別れを告げて恋人関係を解消。しかし、ルーカスから「友達として会いたい」と言われ受け入れると、自身のお金を使わせたと言い、さらにガスライティングを受けたとも主張している。

(関連記事)WayV ルーカス 私生活議論勃発‥元彼女「ガスライティングを受けた」と主張

また、同月24日にも中国人女性B氏が、ルーカスが自身と韓国ファンと同時に付き合っていたと暴露。B氏は、彼がNCTメンバーの悪口や、空港で自分を撮影するファンへの悪態をついていたと言い、併せてルーカスが眠っている写真と、チャットメッセージなどを公開した。

ルーカスは、NCT、WayVとして共に活動しているヘンドリーと、シングル音源を発売する予定だった。しかし今回の件のため、残念ながら全てがお蔵入りという悲しい結果を招いてしまった。

ルーカスの公式Instagramを見る(外部リンク)

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



SuperM

SuperM(スーパーエム)は、SMエンターテインメントとアメリカのキャピタル・ミュージックグループがタッグを組み結成され”SMアベンジャーズ”とも称されている。

メンバーは、テミン(SHINee)、ベッキョン、カイ(EXO)、テヨン、マーク(NCT)、テン 、ルーカス(WayV)の7人。リーダーは、ベッキョンが務めている。

2019年10月4日に1stミニアルバム『SuperM』とタイトル曲『Jopping』のMVを公開し、歌謡界に乗り出した。

現在(2021年)、メンバーのテミンとベッキョンが兵役中のため、活動は休止している。

SuperM プロフィール&記事(28)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

SuperM 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース