俳優そして歌手として活躍していた故パク・ヨンハさんが、この世を去ってから11年が経過した。どれだけの歳月が過ぎ去っても、彼の笑顔は人々の心に焼き付いている。

俳優であり歌手のパク・ヨンハさんが、突然この世を去ってから、11年の歳月が流れた。

彼の笑顔は人々の心を癒してくれる

パク・ヨンハさんの笑顔は人々の心を癒してくれる。(画像出典:パク・ヨンハ 公式Instagram)

2010年6月30日、パク・ヨンハさんはソウル江南(カンナム)区に位置する自宅で、心肺停止の状態で発見された。

(関連記事)相次ぐ日韓芸能人の悲報‥心の辛い記憶を、愛と温もりに変えたソ・ジソブ

当時警察は「故人が普段からストレスを抱えていたと見られる」と言及。故人の死因は具体的に明かされていないが、実父のがん闘病、芸能活動と並行する事業などで重圧感を抱いていたのではと推測されている。

パク・ヨンハさんは1994年にデビューして以降、KBS『冬のソナタ(2002)』、SBS『オンエアー(2008)』など、多様な作品に出演。またタレント活動や、歌手としても精力的に活躍していた。

彼の楽曲は国内に留まらず、日本でも爆発的な人気を集め”韓流スター”の先駆者として、俳優と歌手どちらのジャンルでも成功を収めた、数少ないスターの一人だ。

パク・ヨンハさんがこの世を去った今もなお、日本と韓国では彼の空席を恋しく思い、追慕している。

パク・ヨンハさんは、京畿道(キョンギド)ブンダンのメモリアルパークで眠っている。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

人気ニュース

K-POP男性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース