NCTの派生ユニットであるNCT DREAMの楽曲『BOOM』のミュージックビデオが、再生回数1億ビューを突破した。NCT DREAMとしては初めて手にした記録であり、NCTユニットでは4番目の快挙となる。

NCTの派生ユニットであるNCT DREAMの楽曲『BOOM』のミュージックビデオ(MV)が、再生回数1億ビューを突破した。

今月20日の午前4時40分頃、NCT DREAMの『BOOM』MV再生回数が、YouTube(ユーチューブ)で1億ビューを記録。この楽曲は昨年7月25日に公開され、約1年6カ月を経て達成した快挙だ。

現在は7人で活動しているNCT DREAM

マークが加わり、現在は7人で活動しているNCT DREAM。(画像出典:NCT DREAM 公式Instagram)

これはNCT Uの『BOSS』『Make A Wish(Birthday Song)』、NCT 127の『Cherry Bomb』に続き、NCTユニットとして4番目となる。

彼らを祝福するため、ファンは”#WeGotThat_BOOM100M” “#NCTDREAMBOOM100M”などのハッシュタグで、ツイッターのリアルタイムに書きこんだ。

(関連動画)NCT DREAM ‘BOOM’ MV 1億ビューを突破!

2016年にマーク、ロンジュン、ジェノ、ヘチャン、ジェミン、チョンロ、チソンの7人で構成されたNCT DREAMは、元々は10代のメンバーで活動していた青少年連合チームだった。そのため、成人したらグループを卒業するという形式で、実際にマークは2018年にグループを卒業している。しかし、ファンからの反発が大きく、昨年4月に体制を変更。卒業制度を廃止し、活動を続けている。

NCT DREAM名義のアルバムは、昨年4月に発売されたミニ4thアルバム『RELOAD』のみで、以降発表はされていない。

一方NCTは、昨年12月4日に2ndフルアルバム『RESONANCE Pt.1』を発売した。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

人気ニュース

K-POP男性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース