12月1日、ついにデビューした6人組ガールズグループのIVE(アイヴ)だったが、デビュー早々トラブルに巻き込まれた。挨拶方法が、先輩のEVERGLOW(エバーグロー)と酷似していると指摘が殺到したのだ。挨拶は大切なトレードマークなだけに、この指摘を事務所は受け入れ、謝罪した。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

新人ガールズグループ、IVE(アイヴ)の手を使った挨拶方法が、”他のグループと似ている”という議論が巻き起こった。

IVEとしてデビューした(左から)チャン・ウォニョン、アン・ユジン、カウル

IVEとしてデビューした、(左から)チャン・ウォニョン、アン・ユジン、カウル(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

IVEとしてデビューした、(左から)レイ、イソ、リズ

IVEとしてデビューした、(左から)レイ、イソ、リズ(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

これに対して、彼女たちの所属事務所であるSTARSHIP(スターシップ)エンターテインメントは、該当の指摘を受け入れ「挨拶の方法を修正する」という立場を発表した。

(関連記事)IVEの手を使った挨拶が先輩グループと激似? デビュー直後 議論の的に

12月3日、韓国メディアの10asia(テンアジア)によると、IVEの所属事務所であるSTARSHIPエンターテインメントは「IVEの挨拶方法に関連し、他のグループとの類似性を認識することができなかった」とし、「今後、挨拶方法は修正する予定だ」と話したという。

続けて「この件について、心から謝罪申し上げる。今後はこのようなことが再発しないよう努める」と付け加えた。

挨拶方法が類似していると指摘されたのは、6人組ガールズグループのEVERGLOW(エバーグロー)。2019年にデビューしたK-POPガールズグループで、IVEにとっては先輩グループにあたる。

両グループとも、グループ名のアルファベットから”E”を取り、3本の指を広げて顔の横に持ってくるという挨拶スタイルだった。

EVERGLOWの”手挨拶”

先輩グループEVERGLOWの”手挨拶”(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

IVEはIZ*ONE出身メンバーのアン・ユジンとチャン・ウォニョンが所属することが発表されていたため、デビュー前から大きな話題を集めていた。

そして待ちに待った12月1日、IVEは待望のデビューショーケースを開催。ファンやメディアを前に初めて挨拶を披露した。

しかし翌2日、あるオンラインコミュニティーにIVEの挨拶方法を巡りEVERGLOWとの類似性を指摘する書き込みが相次ぐ。

ネットユーザーは「似てるどころか全く同じ」「後から来た人が変えなきゃならないでしょ」「EVERGLOWが知ったら気分悪いだろうに」「あれは変える方が正しい」「挨拶方法があんなにもかぶってもいいのか」などの反応を見せていた。

アン・ユジン、チャン・ウォニョン、日本人メンバーレイが所属するIVEは、12月1日に『ELEVEN』でデビューした。

(関連動画)元IZ*ONEが所属する大型新人 IVE が遂にデビュー! ’ELEVEN’ MV発表

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs