歌手で女優のIU(アイユー)が、9月14日に自身のYouTube(ユーチューブ)チャンネル『イチグム』に新映像を掲載。同映像でIUは、“イチグム”に扮し、“第35回ゴールデンディスクアワード”のビハインドを公開している。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

歌手で女優のIU(アイユー)が、9月14日にYouTube(ユーチューブ)チャンネル『イチグム』を更新。

“IU TVタイムマシーン編 怒りの受賞式(セレブの人生とは)”という新たな映像を掲載した。

サブキャラに扮し、ビハインドストーリーを伝えたIU

サブキャラクター「イチグム」に扮し、ビハインドストーリーを伝えたIU。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

公開された映像でIUは、サブキャラクターの”イチグム”として登場。声のトーンを少し下げ「今、IUはフルアルバムの準備で忙しいと言っていた」「私が適当にオシャレをして、代わりに受賞しに来たけど、オンタクト(非対面)なのでマスクも使えるから、みんな騙されると思う」と、イチグムになりきっている。

続けて「子どもの頃、数学コンテストや作文コンテストで賞をもらった。だいぶ昔の話だけど」と言いながら、ヘアと衣装のスタイリングを披露。

イチグムは「セレブの人生は、とても面白そう。こうやってきれいな衣装を着て、化粧をしたり、髪もスタイリングしてくれる」「今日1日だけの代理だけど、良い経験になると思う。なので、快く”代わりに受賞して来る”と(IUに)話した」と語った。

「事前収録も、歌ったことがない私は苦労した。(IUと)同じだったでしょ? 全然分からなかったでしょ?」と言いながら『Blueming』のライブ映像を公開し、目を引いた。続けて「バンドやダンサーもすっかり騙されて、私(イチグム)だということを知らない。まだ知らないと思う」「IUの人生は、ステージで楽しく歌って踊り、面白いと思う」と冗談めかす。

そして「難しい点は、私は歌手ではないので、たくさん歌の練習をしなければならないことだと思う」「ステージ上でIUのフリをするために、彼女のように歌うのが大変だった」と、IUの人生の難しさを打ち明けた。

自身の受賞シーンを見たイチグムは、「(IUのフリをするので)この時、緊張してた。マスクがあったから良かった」と言い、『Love poem』と『Blueming』のステージを見守る。大賞を受賞した後、「UAENA(ユエナ:IUのファンの名称)に感謝、愛してる。本当にうれしいです」「今年はもっと頑張らなきゃ。うまくやって誇らしいIUになる」と、ファンへ愛情を表現した。

IUは、今年1月に行われた『第35回 ゴールデンディスクアワード with Curaprox』で、デジタル音源大賞を受賞した。

“イチグム”になりきってビハインドストーリーを伝えたIU。(動画出典:YouTube IU official)
ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

IU

歌手兼女優のIU(アイユー / ハングル 아이유)。

歌手活動をしながらドラマや映画などに出演するなど女優としても活動を行い、またバラエティ番組に出演したり様々な広告モデルを務めるなど、マルチエンターテイナーとして活躍中。

IU プロフィール&記事(89)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

IU 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース