ITZY(イッジ)の新曲『Mafia In the morning(以下、Mafia)』がMelonのリアルタイムチャートで15位を記録し、酷評を跳ね返す結果を見せた。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

ITZY(イッジ)の新曲『Mafia In the morning(以下、Mafia)』が、Melonのリアルタイムチャートで15位を記録した。

プロから酷評受けるも大衆の反応は上々

ITZYは新曲でプロから酷評を受けるも、大衆の反応は上々だ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

『Mafia』は、4月30日に初披露された際「パフォーマンスはカッコいいが、全体的にメロディーと歌詞が幼稚」という酷評を受け、実際に評論家たちは否定的な反応を見せ、残念な反応を伝えている。

大衆音楽評論家のチョン・ミンジェ氏は、「ITZYの新曲『Mafia』の全てのラップ(ラップのようなものを含む)を除きたい。とても現実感がなく、あきれてものが言えない」とバッサリ。

また、キム・ドヒョン氏は「ついにITZYの『GUESS WHO』と『Mafia』(なぜこのようなタイトルなのか)について話せるようになった。『王様の耳はロバの耳』という話のように、話すことができず苦しい時間を過ごしたが、最初から”何か間違っている”という感じがする。隠れて聴く名曲意外に見込みはない」と語った。

続けて「隠れて聴く名曲も、社会現象だ。音楽そのものに対する価値評価ではないという点を考慮すると、さらに見込みがないかもしれない。話したいことも、聞きたいことも多い」と残念がる。

(関連記事) 時代遅れ?’有望株’ ITZYの将来を阻むと言われているJYPの’ワンマン’ パク・ジニョン

しかし5月10日、午後10時基準のMelonのリアルタイムチャートでITZYの『Mafia』は、前回の活動曲『Not Shy』よりも、1段階高い15位になった。アルバム販売量も先行注文は26万枚を突破し、『Not Shy』のアルバムの総販売量20万枚を超えている。

これに接したネチズン(ネットユーザー)たちは「最初はイマイチだったけど、ずっと聴いてたら中毒性がある」「最初は好みじゃなかったけど、ダンスがとても上手で、振り付けの映像を見ると(歌が)染み込んできた」「ビートがとても良い」「パク・ジニョン(J.Y.Park)が正しかったね」「歌詞とラップがもう少し整ってたら、トップ10にも入れたと思う」「結局、パク・ジニョンが成し遂げたね」「*餅ゴリは家で”やっぱり!”と思ってるだろうね」「ITZYは能力値がとても良いから、それをうまく活かしているようだ」などの反応を伝えた。

*餅ゴリ:パク・ジニョン(J.Y.Park)のニックネーム。お餅が好きで、ゴリラに似ているという個性的な容姿からつけられた。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。


ITZY(イッジ)

2019年2月12日にデビューしたJYPエンターテインメント所属の5人組ガールズグループITZY(イッジ / ハングル 있지)。
Wonder Girls、Miss A、TWICEなどを排出してきた“ガールズグループの名家”と呼ばれるJYPエンターテインメントが、TWICEに続いてデビューさせるガールズグループということもあり、デビュー前から大きな注目を浴びてきた。
メンバーは、イェジ 、リア、リュジン、チェリョン、ユナ。

ITZY(イッジ) プロフィール&記事(80)



人気ニュース

ITZY(イッジ) 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース