GOT7(ガッセ)のジェイビーが独り立ちした当時を振り返った。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

GOT7(ガッセ)のJBが独り立ちした当時を振り返った。

再契約当時の心境を語ったJB

再契約当時の心境を語ったGOT7のJB。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

今月6日、YouTube(ユーチューブ)チャンネル『THE STAR MAGAZINE』には”GOT7 JAY B「ドビーはもう自由です」GOT7のJBが狂ったように自由を叫んだ理由!? 急に雰囲気IU(アイユー)”という映像がアップロードされた。

JYPエンターテインメント(以下、JYP)を離れ、独り立ちを選択したGOT7について、JBは「とても慎重でなければならない質問だ。実は僕たち7人全員が、以前の会社の中でGOT7をやろうとしていて、お互いに色々調べてみた」と口を開く。続いて「僕は再契約をすることになっても、必ずしも会社の状況だけを見つめるのではなく、さらに良い状況を突き詰めて見なければならないと思った。その過程において、お互いの意見が少し変わり始めた」と述べた。

彼は「最も重要なことは、会社も『あなたたちがすべきことは全てした。それでとても満足し、将来を応援する』と言ってくれた」とし「親と言えば母だ。GOT7というチームを誕生させてくれた会社なので、とても感謝し尊重するが、それぞれの未来があるので、このような決断を下すことになった」と付け加えた。

独り立ちを選択する過程で、最も多く交わした対話は何だろうか。JBは「チームを存続するかどうか聞いた。それで、みんながやるべきだと言った」「(チームを)やるという意見は当然あったし、僕もそうだった。やるつもりなら積極的にきちんと話して、話だけしてても積極性が見られなかったり、中途半端な感じがするなら、やめるように言った。7人全員が力を合わせてやらなければならない」と話す。

JBは自分にとってGOT7とは「とても重要な、人生の重要なものの一つ」と言及。また「正直に言って、なくてはならない部分で、冷静に心理的な部分、生計的な部分もあり、絶対なくてはならないもの。そしてチームに対して感謝するべきであり、そのチームがあるからこそ、自信があるということを知るべきだと思う」と打ち明けた。

最後に、今後のGOT7の活動計画について「信じてほしいという言葉を一番伝えたい」「GOT7として、そしてユニットのJJ Project、Jus2などは、できるだけ時間を合わせて、時間が合う時に必ずするし、時間が合わなくて何人になろうとも、どんな形であれ何かを皆さんに見せようとするので、あまり心配しないで」と話した。

GOT7は今年1月、JYPとの専属契約を満了。以後、ユギョムはAOMG、ジニョンはBHエンターテインメント、ヨンジェはサブライムアーティストエージェンシーと専属契約を、ベンベンはアビスカンパニーと専属契約を結んんでいる。

JYPとの専属契約満了後、GOT7のメンバーは新曲『Encore』を発売し、ファンにプレゼントを贈った。

(関連動画)GOT7 JB 再契約について言及‥今後の活動計画も

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



GOT7(ガッセ)

JYPエンターテインメント所属の7人組ボーイズグループGOT7(ガットセブン / 愛称 ガッセ / ハングル 갓세븐)。
2014年1月20日に韓国で1作目のミニ・アルバム「Got it?」を発売し、正式デビューした。

GOT7(ガッセ) プロフィール&記事(49)

最新ニュース

おすすめニュース