GFRIEND(ジーフレンド)出身のユジュが、1月18日に1stソロアルバム『REC.』を発売した。同日、記者懇談会が行われ、彼女は所属事務所の代表であるカン・ダニエルとのエピソードなどを公開した。(記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

GFRIEND(ジーフレンド)出身のユジュが、所属事務所の代表であるカン・ダニエルとのエピソードを公開した。

所属事務所の代表であるカン・ダニエルとのエピソードを伝えたユジュ

ユジュが所属事務所の代表であるカン・ダニエルとのエピソードを伝えた(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

1月18日午後、ユジュの1stソロアルバム『REC.』の発売を記念した記者懇談会が行われた。

ユジュは、所属事務所を移籍することになった所感と共に、所属事務所の代表であり歌手のカン・ダニエルとのエピソードに言及した。

この日彼女は「KONECTエンターテインメント(以下、KONECT)には、有能な社員がたくさんいます。曲以外にも様々な分野で、私の意見を確認しながらうまく進めてくれました」と口を開く。

続けて「カン・ダニエルさんは、(ソロ)デビューの前に応援メッセージをくれました」「2021年、カン・ダニエルさんがライブ放送をしている時に、私が練習室で曲をとても大きな音でかけていました」と伝えた。

そして「それで、歌が流出しそうになったのですが、その時カン・ダニエルさんが迅速に対処してくださり、大事故を防ぐことができました。“ホワイトノイズ”だとおっしゃってくれたんです」と明らかにした。

カン・ダニエルはKONECTエンターテインメントの代表で歌手

KONECTエンターテインメントの代表で歌手のカン・ダニエル(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

2021年5月、GFRIENDは所属事務所との専属契約が終了し、解散を知らせた。その後ユジュは、カン・ダニエルが代表を務めるKONECTと専属契約を締結。ソロデビューを控えていた。

ユジュは1月18日午後6時、1stソロアルバム『REC.』を各種音源サイトで発売し、本格的な活動に乗り出した。彼女は、タイトル曲『Play』をはじめとする5つのトラックの作詞作曲に参加した。

(関連動画)元GFRIEND ユジュ いよいよソロデビュー! ’Play’ MV公開

TOPSTAR NEWS 提供
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。Danmeeは読者様からフィードバックを大切にします。記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。





編集部おすすめ記事blank

こちらも投票お願いします!

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs