バンドグループDAY6(デイシックス)出身のJae(ジェイ)が、歌手Jamie(ジェイミー)に対するセクハラ発言について、謝罪の意を伝えた。しかし、謝罪後も批判は続いている。(記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

バンドグループDAY6(デイシックス)出身のJae(ジェイ)が、歌手Jamie(ジェイミー)に対するセクハラ発言について謝罪の意を伝えた。しかし、謝罪後も批判は続いている。

セクハラ発言について謝罪したDAY6出身のJae

DAY6出身のJaeがセクハラ発言について謝罪したが、批判が続いている(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

最近Jaeは、個人のTwitchチャンネルでのライブ放送を通して、Jamieについて言及。この過程で、「僕はもうK-POP歌手じゃないから言うけど、Jamieはどうしてそんなに”THOT”になろうとするの?」と話した。

“THOT(That Hoe Over There)”は、”あそこにいる売春婦”という意味で、女性を性的に卑下する言葉。最近では、”あそこにいるイカれた女”という意味で使われる俗語だ。

この彼の発言は、SNSやオンラインコミュニティーを通して広がり、議論を呼んだ。

Jamie

Jamie(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

当事者であるJamieはこれに言及。彼女は「Jaeをどれほど大切にしたのか忘れないでほしい」という内容を公開したが、すぐに削除した。

この投稿以降、2人は過去にJYPエンターテインメント(以下、JYP)で練習生生活をしてデビューしたこと、SBSサバイバルオーディション『K-POPスター』出身であることなどが再注目された。

その後、Jamieは「インセルをなだめるために、女性が男性のユーモアの対象にならなければいけないのは嫌だ」という言葉で、Jaeの発言を指摘。

インセルとは”Involuntary Celibate”の略で、”不本意な禁欲主義者”のこと。他人との関係を上手く持てない人、特に男性を指す言葉で、最近では”女性を嫌悪する男性”という意味でも使われている。

問題が大きくなると、Jaeは個人のツイッターを通して謝罪文を掲載した。彼は女性を卑下する単語を使用したことについて、「仲が良いから言える冗談だと思っていた」と説明。

続けて「そうでないことを知った。セクハラをしようとして使った単語ではない。強い感じを表現しようと使った」と釈明し、「2つの単語が似ていると思った。これが釈明にならないということは分かっている。Jamieと傷ついた皆様に、心からお詫び申し上げる」と付け加えた。

しかし、Jaeが謝罪文を掲載した後にも議論が続いている。特に彼は、謝罪文を掲載しながらJamieのアカウントをタグ付けしたため、「無礼だ」という指摘まで受けている。

これ以外にも、過去の“Sugar daddy”発言や性的な行為を連想させる行動などが再び言及されている。

韓国ネットでは、度重なる”悪口騒動”に「人間性が疑わしい」「汚い口は一生変わらないよ」「アメリカンジョークだと擁護する人がいるけど、アメリカのほうがもっと保守的」「口の悪さは変わらずだね」「(DAY6を)脱退しても迷惑だわー」と、批判の声が寄せられた。

(関連記事) DAY6 Jae、Twitterでの不適切発言を謝罪「傷つけた方々に心から謝ります」 

『K-POPスター』出身のJaeは、2015年にバンドグループDAY6のメンバーとして正式にデビュー。彼は最近、所属事務所であるJYPとの専属契約解除及びチーム脱退を宣言した。



ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。





Danmee公式SNS

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs