並外れた”ファン愛”で有名な、BTS(防弾少年団)のジミンが、『フェスタ(FESTA)』祝祭期間中に、心のこもったファンへの愛情を見せて、再び韓国のリアルタイムトレンドを占領した。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

BTS(防弾少年団)のARMY(アーミー:BTSファンの名称)によると、BTSは6月9日午前0時に、公式SNSアカウントとファンコミュニティーの『Weverse(ウィバース)』を通して、6月13日にデビュー8周年を迎える『FESTA』イベントの中で、BTSメンバーが書く“2021 ARMY プロフィール”を公開したという。

"イッピ愛"を再び言葉にして伝えたジミン

“イッピ愛”を再び言葉にして伝えたBTSジミン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

それぞれが個性溢れる文章を綴る中、一文字ずつ真心を込めて書いたジミンの文章が、視線を集めた。

(関連記事)BTS、極太アイラインに腹筋自慢まで!8年前のデビュー当時を現場写真で振り返る

普段から、ファンをとても大切にすることで知られているジミンは、今回も変わらず感謝の気持ちを込めて“ARMYプロフィール”を記述し、胸に響く感動を与えている。

ジミンはARMYの職業に「先生であると同時に友達、愛する人」、特技と趣味に「BTSをかわいがることと、考えること」、魅力には「惜しみない思いやり、代価のない応援」と書き、常日頃ジミンがファンに伝えていた感謝の心を、そのまま表現した。

ファンのことを、“かわいい(예쁘다:イェップダ)”という意味の釜山(プサン)方言“イッピ(이삐)”と呼んできたジミンは、ARMYのニックネームを“イッピ”、ARMYに会いたい時には、“今”という意味の“ナウ(나우)”、ARMYと一番やりたいことについては「歌って踊って、目を合わせて会話すること」と書き、ファンと直接会って公演をしたい気持ちを切実に伝える。

特に、ファンの胸に響いた“ARMYを8文字で表現する”では、「あなたがいなかったら僕はどうする?」という、心をときめかせる告白に、世界中のファンが反応。“#ジミンがいなかったらどうするの”、“#WeLoveYouJimin”が、韓国のリアルタイムトレンドで1位と2位になり、さらに世界のリアルタイムトレンドに上がり、米国とインド、サウジアラビアなど、多数の国のリアルタイム人気トレンドに浮上。

最後に、“ARMYにあげたい賞”では「メンバーの全ての感情の対象(대상)がARMYだったので、僕たちの大賞になってくれたあなたに賞を授与します」とし、賞の名前を『僕たちの大賞(대상)』と付け、とめどなく溢れ出るファン愛で感動を与えた。

そんなジミンに「ジミンはやっぱり胸に響くような、特別な何かがある」「プロポーズなの?」「ドキドキして寝られない、こんな歌手が私の推しで幸せ」「ファン人生でこんな人は初めて見る」「ジミンは本物」などで返答した。

“対象”と”大賞”という、同音異義語の“대상(テサン)”の2つの意味を、感動的に利用したジミンの言語的センスと表現能力に再び感心させられ、また今年3月、tvNバラエティー『You Quiz on the Block(ユー・クイズ・オン・ザ・ブロック)』に出演した彼が、ARMYについて「成長するように助けてくれて、『ミスしても大丈夫だ』と言ってくれた。なぜ”愛してる”という言葉を使うのか、考えさせてくれる方々だ」と伝えた気持ちを改めて“ARMYプロフィール”を通して伝え、ファンとアーティストの関係において、固い信頼を再確認させている。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1679)




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース