• BTS(防弾少年団)のRMが、MCデビューを果たした。
  • 12月2日にtvN『知っておいても役に立たない神秘的な人間雑学辞典-アルスルシンジャブ(以下、アルスルシンジャブ)』に初登場。
  • 視聴率は、まずまずの好調スタートとなったが、視聴者からは様々な反応が寄せられた。

BTS(防弾少年団)のRMが、MCデビューを果たした。

『アルスルシンジャブ』に初登場したRM

12/2『アルスルシンジャブ』に初登場したBTSのRM。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

RMは、12月2日にtvN『知っておいても役に立たない神秘的な人間雑学辞典-アルスルシンジャブ(以下、アルスルシンジャブ)』に出演。

[expander_maker id=”1″]

「『アルスルシンジャブ』シリーズは、尊敬の気持ちで視聴していた。本を読むのが面倒なので、この時間を効率的に使いたいと思った時に探して観ていた」と、合流した思いを述べた。

初回のトークテーマは、“映画の主人公にしたい人物”。

小説家のキム・ヨンハは、このテーマを見て「僕も物語を描く人間だから、良ければ僕が(小説を)書くべきじゃないか。なぜこんな良い事を、(放送で)話してしまうんだ」と吐露する。

するとRMは「たかがこんな番組で?」と冗談を言い、キム・ヨンハは「いや、そういう意味ではない」と、慌てるのだった。

そしてMC陣は「小説家ではなく、“映画監督・キム・ヨハン”だったら、自身の作品では誰をキャスティングしたいか?」と質問。

これにRMは「サプライズで、トム・クルーズかもしれない。白人の可能性もありそうだ」と冗談めかした。

この日の放送は、首都圏世帯基準で平均4.2%、最高5.9%を記録。全国世帯基準の平均は3.5%、最高4.8%の視聴者となり好調なスタートを切った。

しかし、RMの進行姿について視聴者は、

「話のテンポが切れる感じが強かった」

「BTSメインになるのが残念」

「博学多識な印象を受けた」

「MCとしては、もっと成長しないと」

「初放送なのに、可否を判断するには早すぎる」

「努力している姿が見えて良かった」

など、多様な意見が上がった。

(TOPSTAR NEWS ユ・スヨン記者/翻訳:Danmeeニュース部)

TOPSTAR NEWS 提供
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。Danmeeは読者様からフィードバックを大切にします。記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

[/expander_maker]

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs