ここ最近、ニュースサイトで見ない日はない”校内暴力”の文字。連日、若手俳優やアーティストがターゲットとされている中で、とうとうBTS V(ブイ)の名も‥。しかし、一連のそれとは異なった内容に、読者は彼を見直す事となる。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

スポーツ界と芸能界で次々起こっている校内暴力疑惑。そんな中、グローバルアイドルのBTS(防弾少年団)メンバーV(ブイ)のエピソードが再び注目を集めている。

自分をいじめた相手にコーヒーを奢る器のデカいV

自分をいじめた相手にコーヒーを奢るほど器のデカいBTS V。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

今月22日、あるインターネットコミュニティーサイトでは、BTSメンバーVが学生時代に”校内暴力”の被害者であったという書き込みが掲載された。そこには「BTS Vは、僕の*パンシャトルだったと卑下した同級生BJ」というエピソードが語られている。

*パンシャトル:パンとシャトル(オンラインゲームの移動手段である輸送船)を合わせた造語。パシリという意味を持つ。

韓国の映像配信サービス『アフリカTV』でBJとして活躍しているフェフンは、自身の生放送でBTSのメンバーV(本名:キム・テヒョン)と小学校の同級生だと明かした。チャットでは、視聴者が驚きの反応を示しながら、2人がどんな友人関係だったかを尋ねる質問であふれる事に。

するとBJフェフンは、「僕はそんなxxと友達じゃない」と荒っぽい言葉を吐き出し始めた。「僕はその子と友人ではなく”食物連鎖”の関係だった」と言い「僕がライオンで、あの子がウサギだった」と言及。

さらに「あの子と友達と言うな」「テヒョンが出世してるね。いつもパンシャトルだったのに」と悪口は止まらない。極め付きには「Vは整形している。自分も整形していれば、BTSよりも成功したはずだ」と豪語するのだった。

この放送内容がSNS上で拡散されると、BTSのファンの間で「言い過ぎだ」「これが事実なら、フェフンは校内暴力の加害者じゃない?」「Vの名前を出して注目を集めたかったのか?」「直ちに謝れ」などの反応が上がり、結局、これが大きな議論となると、BJフェフンは謝罪放送を行う羽目に。

BJフェフンは謝罪放送で、急遽態度を変えて校内暴力加害者議論に対し「僕は直接的に(Vを)パンシャトルにした事はない」と弁明。また、一連の軽率な発言について「根拠のない整形の話をして、彼とファンの皆さんに申し訳ない」と全て失言だったと言い訳した。

また「”誕生日パーティーいじめ”の首謀者は、自分ではない」とも主張。最近Vがライブ放送でファンと会話していた際に触れた”誕生日パーティーいじめ事件”に再スポットが当てられた。

過去の辛い話を笑って話せるようにできたVのすごさ

過去の辛い話を笑って話せるようにできたVのすごさ‥。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

Vは、NAVERが運営するライブ動画配信サービス『V LIVE』の生放送の中で、友人関係の相談をする質問に「僕も1人の友達のせいで、友達を失いかけた」と過去の話を打ち明けた。それによると、友人A氏は勉強ができて運動もできる人物だったという。

2人は友達関係だったが、ある瞬間からA氏がVを自身の下の序列として見始め、Vはそれを感じ取ったという。そしてある日、A氏の誕生日パーティーが開かれたが、Vにその場所は知らされなかった。

そんなA氏の仲間はずれで、Vはプレゼントを持って外で何時間もうろうろする事になり、公衆電話で電話をかけると、ようやくつながって無事誕生日パーティーの場所に行くことができたそうだ。しかしVは、遅い時間になってしまったため、プレゼントだけを渡してすぐに帰宅。「帰り道は泣きながら歩いた」と、当時の心情を述べていた。

彼は過去を回想しながら「その時、僕が友達と過ごす姿に、その子が僕に嫉妬してたみたい。小学生で、幼い時だったから」と、当時は傷ついたが、数年後にA氏から悪かったと謝罪された事実を伝えている。

また、VがBTSとしてデビュー後、故郷に帰った際、A氏と偶然ファストフード店で出くわし、笑いながら「コーヒー代は僕が払った」とA氏と和解している事も付け加えた。

このエピソードが、オンラインコミュニティーで広まると、ネットユーザーは「Vの人柄‥だからワールドスターになれるんだね」「世の中、善良に生きなければ‥いつどうやって人生がひっくり返るかわからないんだから」「やっぱり器が違うね。とても優しい」「コーヒーを奢ったなんて、本当にかっこいいねwww」「Vの完ぺきな顔は、人間の手では(整形)できない」「あのBJ情けないね」などの反応を見せている。

彼を指してよく”4次元”と評される事が多いが、本質は人懐っこく、気が付けば誰の懐にもスッと入り込む才能を持っているという。

人が大好きなVだからこそ、自身を傷つけた相手も広い心で受け止める。そんな容易ではない事がスルリとできてしまうVが、多大なる人気を集める理由は、ここにある。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース