11月21日に『2021 American Music Awards』で大賞を含む3冠に輝いたBTS(防弾少年団)が、グラミー賞では部門賞にノミネートされただけで本賞候補には名前がなかった。様々な理由で、敷居が高いと言われるグラミー賞だが、アメリカ本土のメディアがこぞって批判の声を上げている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

BTS(防弾少年団)が、アメリカ最高権威の音楽賞である『グラミー賞』の候補に2年連続でノミネートされたが、海外メディアはグラミーの”本賞候補”から外された点を指摘する。

グラミー賞にノミネートされるだけでも素晴らしい快挙なのだが‥

グラミー賞に2年連続ノミネートされるだけでも素晴らしい快挙なのだが‥。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

11月23日(現地時間)、米国レコーディング・アカデミーが発表した『第64回 グラミーアワード』候補者名簿で、BTSは去る5月に発売したシングル『Butter』で”ベストポップデュオ/グループパフォーマンス”部門にノミネートされた。

該当部門にはBTSをはじめ、トニー・ベネット&レディー・ガガ、ジャスティン・ビーバー&ベニー・ブランコ、Coldplay(コールドプレイ)、ドージャ・キャットらがノミネート候補として並んでいる。

グラミーの本賞『ゼネラルフィールズ(General Fields)』には、”今年のレコード”をはじめ、”今年のアルバム”、”今年の歌”、新人賞に該当する”ベストニューアーティスト”の4つがある。

先立ってBTSは、今年『Butter』でビルボードシングルチャート”Hot 100″で通算10週も1位を占める大記録を達成。『ゼネラルフィールズ』のいずれかにノミネートされるのではと期待されていたが、残念ながら候補に名前はなかった。

これに海外メディアは、「グラミーが最高の1年を過ごしたBTSを、思ったより低く評価した」と批判。AP通信は「”今年のレコード”と”今年の歌”の候補には、ソーシャルメディアと音楽チャートの両方を席巻したいくつかの主要シングルが除外されていた。何より驚くのは、BTSの『Butter』が外されたということだ」と伝えている。

ロサンゼルス・タイムズ(LAT)も「グローバルポップの突風、BTSがブロックバスター級の1年を過ごしたにもかかわらず、たった1部門の候補だけで終わった」とし「『Butter』がビルボード”Hot 100″で10週間トップに立ったのに”今年のレコード”と”今年の歌”部門から除外された」と記載。芸能メディアのVariety(バラエティー)は、「グラミーはBTSを小さな部門候補にノミネートすることで満足した」と皮肉った。

特に、去る21日(現地時間)に開かれた『2021 American Music Awards(AMA)』で、BTSがアジア歌手として初めてAMA大賞を受賞したにもかかわらず、グラミーアワードでは本賞の候補にすら名前が挙がらなかった点に批判の声が噴出している。

(関連記事)BTS アジア歌手初のAMA大賞受賞! 3冠を手中に新たな歴史を塗り替える

これにネットユーザーは、ソーシャルメディアとファンコミュニティーを通して、BTSが2年連続でグラミーの候補に選ばれたことを祝い、受賞を祈願。しかしやはり、本賞候補から外されたことには物足りなさを表す。

『第64回 グラミーアワード授賞式』は2022年1月31日、米国ロサンゼルスのStaples Center(ステイプルズ・センター)で開かれる予定だ。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。


BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1791)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース